logo

フィリップスがパートナーと共同開発するMRソリューションをISMRMで展示

ロイヤル・フィリップス 2015年06月02日 18時00分
From 共同通信PRワイヤー

フィリップスがパートナーと共同開発するMRソリューションをISMRMで展示

AsiaNet 60718 (0730)

【アンドーバー(米マサチューセッツ州)2015年6月2日PRN=共同通信JBN】
*フィリップスの造影技術へのオープンアクセスによって、研究者はより多くの患者へのアクセスを拡大する最新MRソリューションを開発することができる

ロイヤル・フィリップス(リンク )(NYSE: PHG, AEX: PHIA)は2日、一連の磁気共鳴(MR)ソリューションがカナダのトロントで開かれる国際磁気共鳴医学会(International Society for Magnetic Resonance in Medicine、ISMRM、リンク )の第23回年次会議&展示会のフィリップス・ブース#301で展示されると発表した。

フィリップス・ブース#301のビジター(リンク )は臨床成果を高め、患者の体験を向上させ、経済価値を提供するための医師と患者とのコラボレーションを目指す最新のイノベーションを目の当たりにする。これらソリューションは、MRを患者により利用してもらうとともに診断の確度を向上するというフィリップスのコミットメントを強調する。

 Logo - リンク

フィリップスのビネイ・パルサン副社長(MRI研究・開発担当)は「MRは一連のヘルスケアプロセスを提供するthe health continuumの複数のケア環境において、世界中の人々の現実の臨床問題と疾患状況に応える健全な方法で、最高の最先端テクノロジーと臨床応用をもたらす。MRはまた、初期段階の造影手段であり研究と開発に巨大な展望を開く。フィリップスは研究パートナーと協業することに興奮しており、直感的、量的なMRを通じて患者のケアを強化するよう協力して開発する」と語った。

フィリップスは、Paradise Pulse Programming環境とRecon 2.0のような画像取得、復元、ポストプロセス・リサーチツールを介して、研究パートナーに対してMRシステム内の主要アルゴリズムへのアクセス権を与えて、フィリップスのプラットフォームで自社アプリケーションを開発することを認める。

米シアトルにあるワシントン大学の放射線・バイオエンジニアリング教授で、北京の清華大学教授兼生物医造影研究センター長であるチュン・ユアン医博、は「われわれグループは、フィリップスとは長年の協力関係にある。このコラボレーション成功の主要因は、同社のMRソフトウエア・ソースコードへのアクセス権を与えられたことであり、システムに深く入り、それによって脳卒中の研究を支援する新しい撮像技術を生み出すことができた」と語った。同医博は「われわれは結論を言えば、これによって脳卒中のリスクのある患者を事前に診断、治療する新しい臨床手段を生み出すことに役立つと信じている」と言う。

フィリップのISMRM Booth #301は以下のような研究に限られたテクノロジーを展示する。

 *Philips Recon 2.0(注1) 柔軟かつ高性能画像復元フレームワーク
 *IntelliSpace Discovery(同) マルチモダリティー(複数録画手段)の視覚化および研究に供する分析ソリューション

ブースはまた以下のソリューションを展示する。

 *Ingenia MR-RTのMR限定シミュレーション(注2)
リンク

 *医師が前立腺がん治療の主要な造影手段としてMRに依存するのを支援する治療法への新しいアプローチ

さらに市販されている以下のような製品

*Ingenia 3.0T CX
リンク
確信をもって新しい臨床分野を開発することを支援し、(患者の)照会を支援、ルーチンの造影を有効に実行する最新の臨床造影を実施する

ISMRMでのフィリップスの出展に関するさらに詳しい情報は、Philips booth #301を訪れるか、www.philips.com/ISMRMのウェブサイトを参照するか以下のTwitterサイトでフォローできる。
  @PhilipsHealth (リンク ) 

▽問い合わせ先
Kathy O'Reilly
Philips Group Communications
(mobile) +1-978-221-8919
Kathy.oreilly@philips.com
Twitter: @kathyoreilly (リンク )

▽ロイヤル・フィリップス(Royal Philips)について
ロイヤル・フィリップス(NYSE:PHG,AEX:PHIA)は、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティングの領域で、意義のあるイノベーションを創造し、人々の生活向上を目指す多角的な健康・福祉企業である。フィリップスはオランダに本社があり、2014年の売上高は214億ユーロ、世界100カ国余り販売、サービスに約10万8000人を雇用している。同社は。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアの大手である。フィリップスのニュースはwww.philips.com/newscenterを参照。

(注1)研究用アプリケーションだけに販売される機器。臨床使用向けではない。カナダでは販売されていない。

(注2)510(k)出願中。米国、カナダでは販売されていない。

ソース:Royal Philips

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。