logo

高機能オープンソースCRM『F-RevoCRM』の新バージョン F-RevoCRM6.2を公開

シンキングリード株式会社 2015年06月02日 12時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年6月2日

シンキングリード株式会社

高機能オープンソースCRM『F-RevoCRM』の新バージョンを発表
~ F-RevoCRM6.2を公開 ~

シンキングリード株式会社(代表取締役 金丸 隆)は、カスタマイズも容易な高機能オープンソースCRM「F-RevoCRM」の新バージョンである「F-RevoCRM 6.2」を2015年6月2日に正式リリース致しました。

「F-RevoCRM6.2」ソースコードはF-RevoCRMのホームページよりダウンロード可能となっております。(リンク

「F-RevoCRM6.2」ではベースとなるvtigerCRMにはないシンキングリード独自の機能を追加し、主に操作性向上、便利機能充実を実現している点も特長となっています。

シンキングリードでは、従来同様ソースコードを無償公開する事で、一般的なライセンス費用や月額利用料が掛かるCRMソフトと比べて、企業におけるCRMソフト導入にかかるコストを抑えると同時に、CRMソフト導入にお困りの企業に対して、シンキングリードの経験豊富なコンサルタントによる導入支援や運用定着化に主眼を置いたサービスを展開していきます。

□F-RevoCRM 6.2 - シンキングリードが独自で開発した新機能
 ・掘り起こし機能(最終活動日および活動履歴の自動登録)の新規追加
 ・登録した活動情報にポップアップ画面を追加
 ・予定表機能の強化
 ・顧客企業の概要画面の強化

□vtigerCRM6.2の主な新機能及び改良点
 ・PHPのバージョンアップ、その他
 ・予定表の操作性の強化
 ・レポート機能のグラフ作成の強化
 ・レポート機能に自動メール配信を追加
 ・カスタマーポータルが正式版としてリリース
 ・Googleカレンダーおよび連絡先との連携
 ・操作性向上

□F-RevoCRMについて
『F-RevoCRM』は高機能オープンソースCRM アプリケーションとして世界中で活用されているVtigerCRMをベースに、日本の企業文化に合わせシンキングリードが独自にローカライズ(日本語化)とバグ修正を行った完全にフリー&オープンな高機能CRMアプリケーションで、2011年10月公開から既に国内3600社よりダウンロードされ活用されております。
【F-RevoCRMの特長】
・完全にオープン&フリー
  ・・・ライセンス料が発生しないため、費用を抑える事ができます。
・統合型CRM
  ・・・マーケティング、営業、保守サポート、販売管理など、
     幅広い領域にて利用できます。
・多機能
  ・・・一般的なCRM機能の他にWeb Toリード機能、顧客ポータル機能、
      見積書作成管理機能などを標準で有しております。
・簡易操作
  ・・・多機能でありながら、シンプルで直感的で理解しやすい
     インターフェースになっています。
・導入サービス
  ・・・経験豊富なコンサルタントによる支援のもと、CRM導入を
     成功に導きます。
(F-RevoCRM ホームページ:リンク

<会社概要>
【社名】シンキングリード株式会社
【代表者】金丸 隆(カナマル タカシ)
【事業内容】コンサルティング、オープンソースを活用したCRMシステム開発
【URL】リンク

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。