logo

新感覚リアルタイムRPG『ユニゾンリーグ』がIWPLAY社より香港、台湾、マカオで配信決定!

株式会社エイチーム 2015年06月01日 17時41分
From PR TIMES

株式会社エイチーム(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:林高生、以下エイチーム)と、艾玩天地(IWPLAY)(本社:台湾新北市、代表:蕭士仁、以下IWPLAY)は、エイチームが開発・運営するスマートフォン向けリアルタイムRPG『ユニゾンリーグ(中国名称: UNISON聯盟:光與闇的國度)』の繁体字圏(台湾、香港、マカオ)配信における独占ライセンス契約を締結したことをお知らせ致します。



[画像1: リンク ]


『ユニゾンリーグ』の繁体字圏への配信について、IWPLAYがカルチャライズを含む運営や配信、マーケティングを行います。台湾・香港・マカオの通信環境、端末、ユーザーの嗜好に合わせた開発を行い、主要アプリ配信チャネルと連携し近日配信を開始する予定です。

正式なリリースについては後日発表させていただきます。


■繁体字圏向けアプリ概要
ゲーム名称(中国語): UNISON聯盟:光與闇的國度
対応OS: iPhone 4s以降かつiOS 6.0以上推奨 / Android(TM) 4.0以上の端末推奨(一部端末を除く)
利用料金: 基本無料(アイテム課金制)

■ユニゾンリーグについて
『ユニゾンリーグ』は、2014年12月4日に配信を開始したエイチームのスマートフォン向けRPGです。友達と一緒に必殺技を決めるなど、リアルタイムにわいわい楽しめるゲームとなっております。プレイヤー同士の白熱のギルドリーグバトルや、豊富な組み合わせによるアバターなどやり込み要素が満載です。アニメのようなポップで格好いいキャラクターや世界観がゲームを魅力的に演出します。

[画像2: リンク ]


■IWPLAYについて
艾玩天地(Iwplay World Interactive Entertainment Technology Co., Ltd.)は、2009年に成立した「艾望數位互動娛樂科技股份有限公司」から、より一層クオリティの高い事業展開を目的とし、2013年6月20日に『艾玩天地互動娛樂科技股份有限公司』へと社名を変更。
事業内容としてオンラインゲームやWEBゲーム及びスマートフォン向けゲームの提供を中心にサービスの企画・制作・運営及び電子商取引などを展開。
当初はオンラインゲームをメインにサービスを提供し、日本の人気漫画をゲーム化した『聖闘士星矢Online』や、中国の武侠師匠の大作を主題にした3D MMORPG大型オンラインゲーム『笑傲江湖』をリリース。
その後2014年からスマートフォン向けゲームのサービスを開始し、3Dファンタジーの『決戰神魔』を初め、『神鬼幻想』、『降龍十八掌』などをリリース。2015年、日本のクラシックIP大作『クロスゲート』のモバイル版を発表し、香港のApp StoreおよびGoogle Playのセールスランキングで1位を獲得。さらには台湾のApp Storeセールスランキングで3位、Google Playセールスランキングで4位を獲得するなど、スマートフォン向けゲーム市場でより一層注目されることとなる。
IWPLAYは今まで十数タイトルのサービスを提供しており、今後の予定としても『UNISON聯盟:光與闇的國度』など、世界中のクオリティが高いタイトルを提供することで、ユーザーにより一層満足していただけることを目指します。

代表作品
『聖闘士星矢Online』、『笑傲江湖』、『決戰神魔』、『クロスゲート(モバイル版)』、『UNISON聯盟:光與闇的國度』


※リリースおよびキャンペーンの内容などは予告なく変更になる場合がございます。
※文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。
※画像はイメージです。実際の製品とは異なる場合があります。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社エイチーム  エンターテインメント事業本部 担当:柴田
Mail:press@a-tm.co.jp
TEL:052-527-3082
FAX:052-527-3080

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。