logo

大学低学年から「働く」を考えよう!将来、いきいきと働くために、「自分」と「社会」を知るためのサービス「キャリフル」6月1日(月)オープン


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柳川昌紀)は、大学低学年から働くことを考える機会を提供するサービス「キャリフル」を6月1日より開始します。

■「キャリフル」とは
学生が、「ありたい姿」と「仕事を通して実現したいこと」を見つけられるよう、「自分」と「社会」を知るための機会を大学低学年の段階から提供するサービスです。
 
 利用期間:2015年6月1日(月)~  ※通年サービスのため、年間のどのタイミングでもご利用いただけます
 利用対象:希望するすべての大学生・大学院生(全学年対象)
 利用料金:無料
 利用方法:「キャリフル」WEBサイトにアクセスし、プロフィールを登録します。その後、各種イベントへの参加申し込みをしたり、オンライン適職診断を受けたりすることができます。
 URL :リンク


■「キャリフル」で、できること
キャリフルでは、さまざまなコンテンツを用意しています。とくに注目のコンテンツはこちら!


注目!その1「キャリフルCAMP!」

企業・官公庁・NPO協賛による、PBL型(課題解決型学習)仕事体験ワークプログラムです。大学1~3年生を中心に、実際に働く社会人や仕事体験を通して、キャリアや将来について考えるきっかけを与えるプログラムです。協賛企業が提供する講義や仕事体験ワークの後、内省を深めることで、「ありたい姿」や「仕事を通して実現したいこと」を考えます。

 開催時期:2015年8月以降の休日・祝日、および学事日程上の休暇日
 実施場所:協賛企業のオフィス
 所要時間:1日(計8時間程度)

このプログラムは、5月17日(日)にトライアルを開催し、12名の学生が参加しました。その結果、参加者の83.3%が「大変満足」、16.7%が「どちらかと言えば、満足」と回答しています。

プログラムの感想(一部抜粋)
 ・働くことの魅力をとても感じました。そして、自分自身についての理解を、グループメンバーと協力して深められたことがとても面白かったです。
 ・自分が気づけていなかった自らの特徴に気づくことができ、非常に有意義な時間を過ごすことができ、良かったです。また、何よりグループワークの時間は非常にexcitingでした。
 ・「自分を知る」ためのワークと「社会を知る」ためのワークの両方がもりこまれていたので、両方の立場から考える経験ができました。
 ・講義形式ではなく、実践的でとても考えさせられた。メンターの方の考えとか、やっぱりグループの人と違い、働く人ってこんな感じなんだなと思った。


注目!その2「キャリアチェック」リンク

好きなことやワクワクすること、面白いと感じることを選択していくことで、以下の3つについて診断します。
 (1)仕事に求めるやりがいや条件
   自分と似た志向の人が従事する職種で、特徴的にあらわれる「やりがい条件上位20」を判定。
 (2)職業志向
   どんな職業志向を持っているのか、「ステータス志向」など7軸から分析。
 (3)職業分野別適合度
   やりがいを満たす可能性の高い仕事を、合致した順に全140職種から20職種を判定。

■「キャリフル」の目的
当社は、私たちが目指したい未来”Our Vision”として、「ひとりでも多くの人たちが『働く喜び』を膨らませ、『働く喜び』の輪が、新たな活力を生み出している社会を創りたい」と考えています。この「働く喜び」を実現するためには、学生が「ありたい姿」と「仕事を通して実現したいこと」に気づき、納得感をもって仕事を選べることが重要と考えています。一方で、自分の特徴・できること・伸ばしたいことをもとにした「将来やりたいこと、または就きたい仕事」が明確になっていると答えている就活生がわずか22.1%に留まっています*。そこで当社は、「ありたい姿」と「仕事を通して実現したいこと」を見つける機会を提供するためのサービスを開始することとしました。これにより、学生自身の“気づき”をサポートし、入社後も自分自身の持ち味を生かしていきいきと、主体的に働ける人を増やしたいと考えています。

■補足
* リクルートキャリア「就業観醸成率調査(低学年向け)概要」(2015年3月)より
 調査方法:インターネットを通じた各対象者アンケート 
 調査対象:大学2年生:747名 大学3年生、および修士1年生:1,080名

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。