logo

スマートフォン広告向けソリューションツール「F.O.X」が「Tapjoy」と連携

株式会社CyberZ 2015年05月29日 17時26分
From PR TIMES

~スマートフォンアプリのデータ分析強化を実現~



[画像: リンク ]

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)は、スマートフォン広告向けソリューションツール「Force Operation X」(以下、「F.O.X」)において、Tapjoy, Inc.(本社:サンフランシスコ、CEO:Steve Wadsworth)が提供するモバイルアプリ向けマーケティングオートメーションプラットフォーム「Tapjoy」と連携いたしました。これにより、「F.O.X」を使用することでスマートフォン広告の効果に紐づいた詳細なユーザー分析が可能となりました。

このたび連携したTapjoy社は、アプリデベロッパーのアプリ内アクション率向上と収益最大化を実現するマーケティングオートメーションプラットフォームで高い評価を得ている企業です。同社が提供する「Tapjoy」は、グローバルで27万アプリ以上に導入されており、5億2千万人(※1)を超えるユーザーにリーチしています。また、Tapjoy社の提供するユーザー分析機能は、2014年に買収した5Rocks社のデータサイエンスを採用しており、5Rocks社が事業展開を注力していた日本・韓国を中心に、多くのアプリデベロッパーが採用するサービスとなっています。

今回の「F.O.X」と「Tapjoy」の連携により、アプリデベロッパーは各広告効果に紐づいた詳細なユーザーのアクション分析が実現いたします。分析結果をもとにマーケティング設計を行うことでより費用対効果の高いプロモーションが可能となります。

当社は今後も、企業のスマートフォンプロモーションの問題解決や効果向上への寄与を目指すとともに、世界各国におけるスマートフォン広告メディアの拡大および、広告効果の最適化に努めてまいります。

※1  Tapjoy社調べによる2014年12月時点での月間ユーザー数

■ Tapjoy社について リンク
Tapjoyは、業界をリードするデータサイエンスおよび予測技術を採用し、アプリデベロッパーのユーザーエンゲージメント向上と収益最大化を実現するマーケティングオートメーションプラットフォームを提供しています。Tapjoy社、J.P. Morgan Asset ManagementやRho Ventures、North Bridge Venture Partners、InterWest Partners、D.E. Shaw Venturesを含む一流の投資家に支えられ、サンフランシスコを本社に、ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴ、サンタバーバラ、アトランタ、ボストン、ロンドン、北京、上海、ソウル、東京にオフィスを構えています。

■ CyberZ社について リンク
スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。サンフランシスコ支社をはじめ全世界対応で広告主のマーケティング支援をしております。当社が提供するスマートフォン広告ソリューションツール「Force Operation X」は、2011年2月に国内で初めてスマホアプリ向け広告効果計測を実現し、Facebook社の「Facebook Marketing Partners」や、Twitter社公式プログラム「マーケティングプラットフォームパートナー」に認定されるほか、iAd、LINEなど国内外における主要メディアとの連携数は世界最大級を誇ります。広告主導入タイトル数は全世界4,000アプリを突破し、多言語対応はじめ、各国・地域の特性に応じた機能のローカライズも実現しています。

■ 会社概要
社名:株式会社CyberZ  リンク
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティ16階
設立:2009年4月1日
代表者:代表取締役社長 山内 隆裕
事業内容:スマートフォン広告事業

■ 本リリースに関するお問い合わせ
株式会社CyberZ   広報担当:坂口 (さかぐち)
E-mail: press@cyber-z.co.jp   Tel:03-5459-627

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。