logo

客室設置型タブレット『ee-TaB*(イータブ・プラス)』 2015年6月1日(月)『ベストウェスタンホテル名古屋』にて導入開始 

中部地方初 地域紹介コンテンツを強化し訪日外国人の街歩き支援

テックファーム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:千原信悟)は、株式会社ミライト(本社:東京都江東区、代表取締役社長:鈴木正俊)と業務提携し、ホテルや旅館の客室設置型タブレットによる情報配信サービス『ee-TaB*(イータブ・プラス)』(以下、イータブ)を販売・提供しています。
そしてこの度、2015年6月1日(月)より『ベストウェスタンホテル名古屋』(運営:価値開発株式会社グループ、客室数140室)にてイータブが導入されます。これにより、イータブは7ホテル、全1,245室に導入されることになります。
イータブは訪日外国人を主な対象に、タブレット端末をビジネスホテルやシティホテル客室内に設置し、気象情報、テレビ番組表、動画、電子書籍、ホテル周辺の観光スポット紹介動画など、さまざまなコンテンツを配信しています。(※導入ホテル一覧は下記をご参照ください。)




■ 名古屋“ご当地”グルメ情報の独自取材レポートを掲載

ホテル周辺のグルメ・観光情報を独自に取材し、動画・写真とともに紹介しています。老若男女・国籍を問わず、迷わず操作いただけるよう、わかりやすい操作・写真によりレポートを展開。地域の名物料理やガイドブックでは紹介されない“ホテル支配人・地元住民イチオシのお店”を取材しています。掲載されている店舗情報・地図情報はお手持ちのスマートフォンを使い、QRコードをバーコードリーダーで読み取ることで、ホテル外に持ち出すことも可能です。なお、グルメ情報は英語翻訳付ですので、外国人のお客様も簡単にご当地情報を手に入れることができます。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



▲地元住民がおすすめする名店を写真・動画で紹介


■『ee-TaB*』について

ホテル客室向けにタブレットを設置し、多言語コンテンツを配信するサービスです。主なコンテンツは館内案内、天気、専用グルメ検索アプリ、観光スポット案内やテレビ番組表、動画、電子書籍・地域コンテンツなど。ホテル毎にカスタマイズが可能なため、立地環境やメインターゲットにあわせ、ホテル近辺で催されるコンサートやイベントと連動した内容を表示するなど、最適なメニューをそろえることができます。ホテルを運営する上での新たな広告メディア・商品やブランドの訴求としても活用が可能です。
導入費用は、200室以上かつWi-Fi環境があるホテルの場合、一室一台あたりの契約料金は月額980円(タブレット端末費を含む)。Wi-Fiを利用することで、フロントでの一括管理が可能なため、ホテルスタッフの手を煩わすことなく運用ができます。

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]




▲左:『ee-TaB*』客室内設置イメージ/右:周辺グルメ情報一覧

『ee-TaB*』ご紹介ページ:リンク

■ 導入ホテル一覧
ベストウェスタンホテル西葛西 184室
レンブラントホテル本厚木 164室
ベストウェスタン横浜 185室
ベストウェスタンホテルフィーノ札幌 242室
ベストウェスタンホテルフィーノ大分 145室
静鉄ホテルプレジオ 静岡駅南 185室

■テックファーム株式会社について
<所在地>
東京都新宿区西新宿3丁目20番2号 東京オペラシティタワー23F
<代表者>
代表取締役社長 千原 信悟
<設立>
1991年8月30日
<資本金>
621,800,000円(2015年1月末現在)
<事業内容>
システム・サービスコンサルティング、業務支援向けシステムソリューションの開発・運用・保守、モバイル広告からサーバ・ネットワークインテグレーションまで、ワンストップでITソリューションを提供
<URL>
リンク


※記載されている会社名および商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。