logo

シドニーが英トッテナム・ホットスパーFCを迎えてライトアップ

デスティネーション・ニューサウスウェールズ 2015年05月29日 15時55分
From 共同通信PRワイヤー

シドニーが英トッテナム・ホットスパーFCを迎えてライトアップ

AsiaNet 60674 (0712)

【シドニー2015年5月29日PRN=共同通信JBN】伝説の英サッカークラブ、トッテナム・ホットスパーが28日朝、ハーバーシティに到着したことを祝い、選手がシドニー・ハーバーブリッジに登るのに合わせてシドニーがライトアップされた。橋がクラブカラーの白と青にライトアップされ、アイコン的構造物の砂岩の橋脚に選手たちの姿が投影された。

Photo - リンク
Photo - リンク
Photo - リンク

(写真説明)
a:シドニー・ハーバーブリッジの橋脚に投影されたハリー・ケイン(デスティネーションNSW)
b:シドニー・ハーバーブリッジ頂点のウーゴ・ロリス(デスティネーションNSW)
c:シドニー・ハーバーブリッジ頂点のハリー・ケイン(デスティネーションNSW)

選手全員が時間をさいて、世界最大の光と音楽そしてアイデアの祭典「ビビッド・シドニー」で港が色と光に飾られるのを見物した。彼らが橋のアーチを頂上まで登る「ブリッジクライム」を始めると、身に着けたイルミネーション付き特製ベストのおかげで、「コートハンガー」の愛称で親しまれている橋を渡る姿が地上からも見ることができた。

シドニーは伝説のサッカークラブを歓迎しようと、シドニー・ハーバーブリッジの西側も白と青のクラブカラーでライトアップし、橋脚にはチームの主将でゴールキーパーのウーゴ・ロリス、ストライカーのハリー・ケイン、ミッドフィールダーのクリスティアン・エリクセンのイメージを投影した。

ハリー・ケインは橋から下りる途中、自分やチームメートが橋脚に投影された姿をバックに「自分撮り」をするチャンスを逃さなかった。

トッテナム・ホットスパーのストライカー、ハリー・ケインは「シドニーは素晴らしい都市で、今朝ここへ到着してから驚きの連続だ。シドニー・ハーバーブリッジとシドニー・オペラハウスは何とか見ることができた。素晴らしい都市で本当に滞在を楽しんでいる。絶対、いつか休みをとってもう一度来たいと思うし、チームメートにも一緒に来ようと言っている」と述べた。

ゴールキーパーのウーゴ・ロリスは「シドニーは初めてだが、本当に楽しんでいる。われわれ全員がこの都市の魅力のとりこになっている」と述べた。

ニューサウスウェールズ州の通商・観光・メジャーイベント担当大臣でスポーツ担当大臣でもあるスチュアート・アイルズ氏は「トッテナム・ホットスパーは130年以上もサッカーをしてきた団体で、オーストラリアで唯一の試合を観光・メジャーイベント担当機関であるデスティネーションNSWが確保できて大変喜んでいる。今回の訪問はシドニーを世界に向けて発信する機会になり、オーストラリア各地や世界からの旅行者の関心を引き起こすことにもなると考えている」と語った。

また「シドニー滞在中、トッテナムの選手はビビッド・シドニーを見たり、シドニーハーバーで日帰りのセーリングを楽しむなど、シドニーの魅力をもっと多く見つけてもらいたい。なぜ美しい都市シドニーが世界の観光客にとってオーストラリア一の観光地なのか、選手たちに知ってもらいたい」と述べた。

トッテナム・ホットスパーFCは2015年5月30日、ANZスタジアムでシドニーFCを相手に親善試合を行うためにシドニーを訪れた。この有名な英国人たちとの試合は前評判も高く、またとないものなるが、チケットはまだ入手できる。

シドニーについての詳しい情報はwww.sydney.com 参照。「ビビッド・シドニー」プログラムとチケットについての詳しい情報はwww.vividsydney.comを参照。

トッテナム・ホットスパー対シドニーFCの試合のチケットは「Ticketek」(www.ticketek.com.au)で購入可能。

▽メディア問い合わせ先
Nadine Ghanem, Destination NSW
Email: nadine.ghanem@dnsw.com.au
Tel: 02 9931 1135
Mob: 0477 753 833

Laura Kelly, Destination NSW
Email: laura.kelly@dnsw.com.au
Tel: 02 9931 1164
Mob: 0411 777 676

放送品質ビデオのダウンロードは以下参照。
リンク

高解像写真のダウンロードは以下参照。
リンク

ソース:Destination NSW

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。