logo

国内唯一の複合チャート、Billboard Japan Hot 100にYouTubeの再生回数を合算 

株式会社阪神コンテンツリンク 2015年05月29日 13時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年5月29日

株式会社阪神コンテンツリンク

国内唯一の複合チャート、Billboard Japan Hot 100に新たにYouTubeの再生回数を合算 チャートを解析できる「CHART insight」も新たにスタート

 日本におけるビルボード・ブランドのマスター・ライセンスを保有する株式会社阪神コンテンツリンク(本社:大阪市 代表取締役社長:百北幸司)は、この度、国内唯一の総合楽曲チャートである「Billboard Japan Hot 100」にYouTubeの再生回数および歌詞表示サービス「プチリリ」による歌詞表示回数から推定するストリーミング数を新たに加え、6月3日より提供を開始する。

 Billboard JAPAN Hot 100は、米Billboardのノウハウを活かし異なる指標を合算した複合チャートとして2008年より提供を開始。現在まで、サウンドスキャンジャパンによるリアルストア・Eコマース約3900店舗におけるパッケージ実売データをもとにした全国推定売上枚数、ニールセンが提供するダウンロード回数、プランテックの提供する全国主要エリアAM/FM32局のラジオ放送回数、PCでCDを読み込んだ際にグレースノート・メディアデータベースにアクセスするLook Up回数、NTTデータの提供する楽曲とアーティスト名のツイート数の5指標によりJAPAN Hot 100を制作していたが、変わり続けるマーケット動向を見守る中、第一にYouTubeを通じて音楽と接触する機会は見逃すことができないと捉え、この度合算に至った。

 YouTube集計方法は、ニールセンを通じて国際標準コードであるISRCの登録された動画の再生回数のみを抽出し、国内における再生回数をカウント。これによりYouTubeにアップされているオフィシャル動画や、権利者のオリジナル音源を含むユーザー動画の再生回数もチャートを構成する指標に加わる。さらに今後のマーケットの拡大を見越して、ストリーミング数も合算、これはシンクパワーが運営する歌詞表示サービス「プチリリ」による歌詞表示回数を通じて国内のストリーミング数を推定する。

 さらに、これまでアルバムチャートはパッケージセールスのみで制作していたが、パッケージに紐づくダウンロード数と、グレースノートによるアルバム盤のデータベースアクセス数の2指標を加え、国内唯一の総合アルバムチャートの提供も開始する。

 そして、これらの複数のデータの関連性を示すため、チャート解析サービス「CHART insight」をフリーミアムで提供。利用料金はいずれも税別で、CHART insight pro(個人会員)は月額300円、CHART insight biz(法人会員)は月額20万円とし、新サービスをより多くの方に知っていただくためCHART insight proに関しては2015年7月末まで無料で利用が可能。なお、1~20位までの順位など、一部のサービスはその後も無料で利用することができる。昨年12月のデモ公開では広く注目を集め、公開後25万人を超えるユーザーがサービスを体験した。ヒット曲が、どのように生まれ、どのように世の中に浸透していくのかが一目で分かり、曲ごとの比較もできるサービス。6月3日にPC版、6月下旬にスマートフォン版の提供を開始予定だ。

-米国ビルボードコメント-
YouTubeの再生回数と「プチリリ」による歌詞表示回数を加えることは、現代社会においてリスナーが音楽とどのように接触しているのかを提示し続けるビルボードジャパンHot100の進化にとって更なるステップである。さらに、デジタル・ダウンロード・セールスとGracenote社のルックアップ・データを加えたビルボードジャパンTop Albumsチャートをローンチすることで、従来のパッケージ・セールスのみの枠を超えた、より正確にアルバムの人気度を捉えたチャートの提供を可能にする。-シルビオ・ピエトロルオンゴ(ビルボードチャート・ディレクター)

     



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。