logo

VistaJet、3億米ドルの無担保シニア債募集を完了

JCN 2015年05月29日 11時25分
From JCN Newswire


NEW YORK, LONDON, May 29, 2015 - ( JCN Newswire ) - VistaJet Group Holding SA ("VistaJet")の子会社のVistaJet Malta Finance P.L.C.とVistaJet Co Finance LLCは、総元本金3億米ドルの7.750%無担保シニア債の募集を完了したことを、本日発表しました。5年債の利息は、2015年12月1日から半年ごとに、6月1日と12月1日に支払われます。債券はVistaJetによりシニア無担保ベースで保証されます。

債券の純収入は、同社の継続的なグローバル拡大の一環として、VistaJetの航空機購入や一般的な企業目的に使用されます。今回の発行は、VistaJetが世界トップクラスの個人所有ブランドのビジネス航空機材のひとつとしてのポジションを示すもので、同社が企業幹部や個人富裕層のお客様の旅行ニーズの大幅な急増に対応するのに役立ちます。

このプロセスに伴って、VistaJetはStandard & PoorsからB+/Stable、フィッチからB/Stableの公共企業信用度格付を初めて獲得しました。

VistaJet創設者で会長のThomas Flohrは、次のように述べました。「我々の知る限り、これは民間航空機業界初の米ドル建て無担保債券ですが、初めて発行を行った企業として、今回の募集への需要と支援にたいへん満足しています。」

VistaJetについて

2004年にThomas Flohrにより設立されたVistaJetは、現在までに全世界で180か国1,320か所の空港に着陸しており、70,000回以上のフライトを行って165,000人以上の乗客を運んできました。独自のビジネスモデルを通じて、個人用ジェットの所有に伴う責任や資産リスクなしに所有メリットのすべてを提供しています。

2015年4月にVistaJetは、Challenger 350[1]航空機を米国で就航させ、ビジネス航空分野でグローバル市場でのリーダーシップを拡大したことを発表しました。[2] 全世界のすべての主要市場で、同社の機材は、ChallengerおよびGlobal航空機のみで構成されています。VistaJetは2014年11月にニューヨーク市に北米営業所を開設しました。

以前Bombardier所有の子会社だった時を除いて、VistaJetと関連会社は多くの新しいビジネス航空機をBombardierから購入し、納機を受けています。全世界で一貫して一流のサービスを提供していることで有名なVistaJetは、全機材共通の外部塗装と客室デザインを施したブランド航空機を提供する唯一のプロバイダです。VistaJetの革新的な市場戦略により、お客様による所有の負担を解消し、世界中のあらゆる場所を直行でつなぎます。ニュースと情報は www.vistajet.com をご覧ください。

このプレスリリースには、いかなる証券の販売オファリングや売却募集の勧誘も含まれていません。また、このような募集、勧誘または販売が不法である地域の、いかなる証券の募集、勧誘または販売も含んでいません。

[1]Bombardier Inc.または子会社の商標または登録商標。
[2]VistaJet所有機および米国の登録機は、Jet Aviation Flight Services Inc.または正規ライセンスを取得した運航会社により運航されています。VistaJetと米国子会社のVistaJet U.S., Inc.は、米国の直接または間接運航会社ではありません。米国で登録されているVistaJet航空機は、連邦航空局(FAA)の制定した厳正な米国安全規格に沿って整備されています。

本書に言及されている証券は、1933年連邦証券法修正分(証券法)や、米国のいかなる州の証券法または他の法域の法の下でも登録されておらず、登録予定もありません。米国内または(証券法の規定Sに定義された)米国人の不在登録または証券法および米国の州証券法の登録要件に該当する免除の代理もしくは利益のために募集または販売されることはありません。債券は、証券法規則144Aに定義および依存している適格機関投資家と合理的に考えられる人間と、証券法規定Sに依存する米国外のオフショア取引で米国外の人間にのみ、募集および販売されています。

お問い合わせ情報:
Danielle Boudreau
VistaJet International
メール: +44 7824144745
danielle.boudreau@vistajet.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。