logo

Google Play市場の成長:前年同期比で収益、ダウンロード数ともに大きく増加

App Annie 2015年05月29日 07時50分
From PR TIMES

App Annieは、Google I/O 2015イベントに合わせて、Google Playの成長に関するレポート 「Google Play市場動向レポート:前年比の成長を探る」を発表



[画像1: リンク ]

App Annie(アップアニー、本社:米・サンフランシスコ、代表:Bertrand Schmitt)は、サンフランシスコで開催されるGoogleの年次開発者会議「Google I/O 2015」に合わせて、Google Playの目覚ましい成長を分析したレポート「Google Play市場動向レポート:前年比の成長を探る」を発表しました。本レポートは、日本のGoogle Play市場の重要な動向を始め、米国や東南アジアを含めた、市場の成長を収益、ダウンロード数、利用状況等様々な角度から分析しています。


[画像2: リンク ]

App Annieの無料レポートでは、以下のような情報をご覧いただけます。

・日本が2015年第1四半期における収益ランキングで1位
国別のGoogle Playの四半期アプリ収益の上位5カ国のうち(米国、日本・韓国・イギリス・ドイツ)、日本がGoogle Playの収益の成長に大きく貢献し、1位にランキングしました。また、Google Playの日本の収益の成長率は前年に比べ40%増加しました。

・Google Play収益の成長を牽引したゲーム
2015年 第1四半期の成長率は前年比ダウンロード数で130%、収益で140%でした。特に収益の成長を牽引したのは、ゲームアプリの成長で、前年比で約50%の伸び率を示しました。

・Google のアプリがアクティブユーザー数のトプアプリランキングを独占
2015年第1四半期、日本で最も多くのユーザーに利用されているアプリ「10本のうち6本」はGoogle製のアプリが占めました。その他、LINEやFacebook、Twitterなどソーシャルと通信アプリがランクインしています。詳しくはこちらのレポート。

[画像3: リンク ]

   本レポート全文の無料ダウンロードはこちら:

   リンク


付表
アクティブユーザー数による非ゲーム系アプリの上位ランキング
(Androidスマートフォン、2015年第1四半期、出所:アプリ利用状況ポート)



[画像4: リンク ]

【App Annieについて】
App Annie (アップアニー) は、世界規模のアプリの市場データと分析ツールを提供しており、アプリビジネスにおいて迅速かつ確かな意思決定を支える世界No.1の情報プラットフォームです。自社アプリの競合優位性を詳細に把握するための分析ツールと、世界中のあらゆるアプリのビジネスを様々な角度から深く洞察するための市場データを提供しております。App Annieの製品は、アプリストアランキングのトップ100のパブリッシャーのうち90%以上、計82.5万以上のアプリに利用されております。またElectronic Arts、Google、LinkedIn、LINE、Microsoft、Nexon、Nestle、Samsung、Tencent、Bandai Namco、Universal Studios等の著名なパブリッシャーが有料の『Intelligence』製品を利用しています。累積830億件以上のアプリダウンロードおよび、250億米ドル以上のアプリ収益をトラッキングしています。米・サンフランシスコに本社を置き、350名以上の従業員を擁する非上場企業で、アムステルダム、北京、香港、ロンドン、モスクワ、ニューヨーク、ソウル、上海、東京、シンガポール、カナダ等の世界12都市に拠点を構えています。現在までにグレイクロフト・パートナーズ、IDGキャピタル・パートナーズ、Institutional Venture Partners、eVentures、セコイア・キャピタル、Infinity Venture Partners等の世界中のベンチャーキャピタルから9,400万米ドルの資金調達を実施しました。

   App Annie 会社ホームページ: www.appannie.com
   App Annie Twitter アカウント: @AppAnnieJapan


プレスリリースについてのお問い合わせ先 広報担当:五百旗頭(イオキベ)
   電話番号:080-3750-4341
   e-mail:miokibe@appannie.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。