logo

STとARM、中国でエレクトロニクス業界の若手エンジニアを育成

STマイクロエレクトロニクス 2015年05月29日 09時30分
From PR TIMES

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)と、半導体用IP(知的財産)の主要サプライヤであるARM(LSE:ARM、NASDAQ:ARMH.US)は、中国におけるARM(R) mbed(TM)およびSTM32テクノロジーの普及を促進するイノベーション・ラボ・イニシアティブを発表しました。この協力は、世界的なIoT(Internet of Things)のビジネス機会に備え、中国においてエンジニアのコミュニティを発展・拡大させるものです。

このプログラムには、既に18校におよぶ中国の工科大学が参加しており、「Association of Fundamental Computing Education in Chinese Universities」にも支援されています。このプログラムでは、STM32開発ボード、ARM mbed対応の組込みシステム設計、およびARM Keil(R) MDK開発ツールに基いた組込みシステムの学習コースをサポートする教材を提供する予定です。また、今後5年間に、200ヶ所のイノベーション・ラボを大学院・大学・専門学校に設置することを目指しています。

Association of Fundamental Computing Education in Chinese UniversitiesのBao Jie教授は、次の様にコメントしています。「急速に進化するエレクトロニクス業界において、最新テクノロジーに対応した教材の準備が、教員にとっての最大の課題です。ARM mbedやSTの32bitマイクロコントローラSTM32など、業界の先進性を活用したイノベーション・ラボは、教員が、若く才能豊かな学生に、基礎となる理論的知識、優れた実務スキル、設計と創造性のセンスを指導する上で大きく役立ちます。」

STのグレーターチャイナ・南アジア地区MMS担当シニア・ディレクタであるArnaud Julienneは、次の様にコメントしています。「STのSTM32は、2000年代半ばに登場し、卓越した性能によって市場での実績を築いてきました。STM32ファミリとその完全なエコシステムは、マイコン市場の再形成に貢献してきました。大学のプログラムにSTM32とARM mbedを導入することは、最も普及している組込みプラットフォームに対する学生の理解を早い段階で高める他、地域のエンジニア・コミュニティに対するSTのサポートとコミットメントを実証します。」

ARMのエグゼクティブ・バイスプレジデント 兼 グレーターチャイナ地区社長であるAllen Wuは、次の様にコメントしています。「ARMの成功は、創意工夫に富んだ数多くの専門家で構成されるエコシステムによって支えられています。IoTは、中国の技術企業がグローバルに成長する大きなチャンスであり、当社はそれをサポートしたいと考えています。STM32イノベーション・ラボにより、教員はARM University ProgramからST製品を含む最新の教材を入手することができます。そのため、学生は中国の技術業界において最適なキャリアを積むことができるでしょう。」

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、「センス & パワー、オートモーティブ製品」と「エンベデッド・プロセッシング ソリューション」の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力からデータ・セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、そして、家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしのあらゆるシーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活に向けた技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。2014年の売上は74.0億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( リンク )をご覧ください。

ARMについて
ARMは、世界中の高度なデジタル製品のコアとなる半導体設計資産(IP)とイネーブリング・テクノロジーをデザインしています。電力効率と拡張性に優れたARMのプロセッサは、スマートフォンやウェアラブル端末から、企業インフラやサーバ、車載/産業機器や「モノのインターネット(Internet of Things)」の組み込み技術まで、社会を変革するインテリジェンスを提供します。

ARMテクノロジーのライセンスを取得したパートナー各社によるARMプロセッサ搭載マイクロチップの出荷数は、1990年のARM設立以来、600億個にのぼります。ARMは、Connected Communityとともに、開発、設計、エンジニアリングにおける革新を促進し、大手エレクトロニクス・メーカーによる短期間で信頼性の高い製品化に貢献しています。Connected Communityへの参加はこちらから:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。