logo

BSIジャパン、クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社にISO 29990(学習サービスマネジメントシステム)の認証を実施



 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)は、
クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 清水 昇)へ、
ISO 29990(学習サービスマネジメントシステム)の認証を実施しました。 (認証登録日:2015年5月7日)

 ISO 29990(非公式教育・訓練のための学習サービス - サービス事業者を対象とした基本的要求事項)は、学習塾や予備校、各種専門学校などが、受講者のニーズや期待を把握しながら、専門的な学習サービスを提供できるような仕組みを確実に実施することを目的とするマネジメントシステムです。2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、2014年3月に発行された語学学習サービス事業者向けの規格 ISO 29991とともに、市場浸透と拡大が期待されています。

クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社 代表取締役社長 清水 昇 様からのコメント

◆ISO 29990 認証取得に至ったきっかけ、目的
当社は、CSO事業参入当初から、御殿場のクインタイルズ・アカデミーにて、異業種の有能な営業経験者を顧客ニーズに対応出来るMR(医薬情報担当者)として育成する為、合宿研修に取り組んできました。また、Q-Collegeと称する「疾患の領域別専門知識の習得」、「MRスキルの習得」、「MR業務を効果的に行う為に必要な法や制度などの理解」を目的とした総合的なMR育成プログラムを確立して、顧客企業により高品質のサービスを継続的に提供しています。最近では迅速かつスムーズなプロジェクトのスタートの為、顧客企業から製品研修の委託を受けるケースも増加していますが、当社が受託するプロジェクトの目標達成において、その中心的な役割を担う「マネージャー」への教育も必要不可欠です。事業部の方針である「お客様から”ありがとう”と言われるサービスを」を達成する為には、円滑なプロジェクト運営だけでなく、お客様の期待値を超える成果を創造し、先を見越したプロジェクトの提案を行っていかなければなりません。さらに、様々なオペレーションを後方支援する組織の機能強化、MR・マネージャー・看護師等すべての人材の有効活用とキャリア構築を実現するITシステムの開発と運用、CSO事業の健全で永続的な成長をリードする経営管理システムなど、あらゆる側面でサービス品質の向上に対する継続的な努力を行っていますが、それらを一層強化すべく、今回の認証を決めました

◆ISO 29990/ ISO 29991の構築・認証で良かった点
当社が、これまで18年にわたりCSO事業を展開する中で構築してきた独自のマネジメントシステムを外部の専門機関に客観的に評価・分析して頂くことにより、その有効性、透明性、適法性等の是非を確認することができ、また、プロセスや管理体制に関しても的確であるかどうかを検証する極めて効果的な機会になりました。
顧客に提供するサービスの品質改善・強化に関するカテゴリーに加え、当社のビジネスの根幹である人材育成・教育システムについても詳細に検証・評価して頂いた結果、ISO 29990の認証を受けたことは、当社のシステムやプロセスが業界のベンチマークとなっていく可能性を示唆するものであり、社内外のステークホルダーに対して大いにアピールする要素になりました。

◆審査機関としてBSIを選んでいただいた理由、また審査の感想
世界最古の認証機関であるBSIの日本法人にご審査頂くことにより、グローバル企業であるクインタイルズの日本法人ならではの企業文化や業務プロセスに対して、的確なご指摘を頂けると期待いたしました。また、CSO事業は、日本において一般的には認知度がまだ低い状況ですが、英国を発祥としているビジネスでもあり、事業や業務の特殊性についても適切なご判断をいただけるものと期待いたしました。ご審査頂いた結果、理論的かつ専門的な視点でのご指摘やご評価をいただき、大変満足しております。

◆ISO 29990の今後の活用について
従来からのISO 9001に続き、このたびISO 29990の認証を受けたことは、当社にとって非常に誇らしい事ですが、最も大切な事は、日常のマネジメントにおいて、常に改善を試み、より高レベルのサービス品質や教育プログラムを追求し、的確なプロセス管理を実行することであると認識しています。私たちは業界の変化、顧客ニーズの多様化にお応えするべく、様々なビジネスモデルを開発していくと同時に、顧客企業に対して「高品質」で「安心感」のあるサービスを継続的に提供する必要があります。そのサービス提供を担うマネージャーやMR、看護師がISOの認証を受けた社内の業務プロセスや教育プログラムに基づいて、医薬品および医療業界にさらに貢献していくよう努力していきたいと思います。
[画像: リンク ]
*    *    *
BSIジャパンは、引き続き、ISO 29990/ ISO 29991について、webページにて情報提供を続けてまいります。
是非ご活用ください。
ISO 29990/ ISO 29991 学習サービスマネジメントについてのwebページはこちら:
リンク

*    *    *
クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社について
クインタイルズ・トランスナショナル・ホールディングス(NYSE: Q、本社: ノースカロライナ州、CEO : トム・パイク)は、世界100カ国で医薬品の開発および営業支援など医薬品メーカーに総合的なサービスを展開する世界最大級の企業です。2014年の世界の売上トップ75の医薬品すべての開発と営業に携わりました。世界の医薬品企業は、効率性と効果の改善や、より良い治療結果を追求しながら、日々複雑さを増す事業環境の中で、新薬の開発と普及に取り組んでいます。それらを支援するため、クインタイルズグループは、疾患領域、サイエンス、解析における長年の経験や知識を生かして、様々なサービスを製薬企業に提供し続けています。www.quintiles.com
クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社は、米国クインタイルズの日本法人として、1998年7月に設立。前身は、1993年に設立されたクインタイルズ・アジアInc.で、この年に日本で初めて本格的なCRO (医薬品開発受託機関)事業をスタートさせました。クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパンとなった1998年以降は、CSO (医薬品営業受託機関) 事業にも参入し、現在では海外のコンサルティング部門と連携して総合的なソリューション・サービスを提供しています。

BSI(英国規格協会)とBSIグループジャパン株式会社について
BSI(British Standards Institution:英国規格協会)は、1901年の設立以来、世界初の国家規格協会として、そして、ISOの設立メンバーとして活動する、規格策定のプロフェッショナルである。現在、150カ国で64,000組織以上のお客様の活動に貢献している。BSIが開発した多くのBS規格(英国国家規格)は、ISO9001(品質マネジメントシステム)、ISO14001(環境マネジメントシステム)、ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)などのISO規格の原案として採用されており、その実績は世界随一を誇る。
BSIグループジャパンは、1999年に設立されたBSIの日本法人である。マネジメントシステム・医療機器の認証サービスとトレーニングコースの提供をメインとし、規格開発のサポートを含め規格に関する幅広いサービスを提供している。マネジメントシステムの認証サービスに関しては、国内に60社以上ある審査機関の中で、最も多くの規格の認証サービスの提供している審査機関の一つであり、数多くの規格の認証件数において国内No.1の実績を誇る、業界をリードする審査機関である。
URL:リンク

■お問い合わせ先
BSIグループジャパン株式会社(英国規格協会) マーケティング本部
東京都港区北青山2-12-28 青山ビル5階
TEL: 03-6890-1174
FAX: 03-6890-1181
Email:Japan.Marketing@bsigroup.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。