logo

Splunk、Amazon Web Servicesで展開する 「Splunk Cloud」の世界展開を発表

【米国リリース抄訳】
2015年4月15日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。

Splunk、Amazon Web Servicesで展開する「Splunk Cloud」の世界展開を発表
顧客需要に対応するため、AWSの10リージョンで利用可能に

リアルタイムの運用インテリジェンス・ソフトウェア・プラットフォームのリーディングプロバイダーであるSplunk Inc.(NASDAQ: SPLK、本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、以下Splunk)は、クラウドサービスとして提供している「Splunk Cloud(TM)」がAmazon Web Services(AWS)が展開されている世界9地域で一般提供、近日中にAWSの合計10地域での利用が可能となると発表しました。最初に利用可能となる9地域でのサービスに加え、AWSの米連邦政府機関とその契約業者専用のリージョンである「AWS GovCloud」での提供により、米国の政府機関・請負業者・企業も利用が可能となります。

Splunk Cloudは、100%のアップタイムSLAを保証するエンタープライズ対応のクラウドサービスとして高い人気を得ており、1日あたり10テラバイト以上の拡張性の高いソリューションです。Splunk Cloudは、パーソナルオンライン環境である無償のSplunk Online Sandbox リンク 上で体験することが可能です。

Amazon Web Servicesのワールドワイド・パートナーエコシステム担当バイス・プレジデントのテリー・ワイズ(Terry Wise)は、次のように述べています。「Splunkは、長きにわたる革新的なAWSテクノロジーパートナーであり、彼らが新しい地域でビジネスを拡大することを非常に嬉しく思います。AWSを活用した『グローバル化』により、Splunkはミッション・クリティカルな運用をクラウドに移行中の企業を含め、世界中の企業のニーズに対応することができます。世界各国でのAWS展開地域でのローンチに伴い、Splunkのサービスが世界中に広がることを非常に嬉しく思います。」

Splunkのクラウドソリューション担当シニアバイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャー、マーク・オレセン(Marc Olesen)は、次のように述べています。「企業ITのクラウド化が加速する中、AWSとの協力により、Splunk Cloudを世界中で展開できることを嬉しく思います。世界各国の企業は、このSaaS(Software-as-a-Service)ソリューションのメリットを活かし、クラウド、オンプレミス、ハイブリッドの環境を横断する形で、可視化を集中管理できます。」 


世界中の顧客がSplunk Cloudによってオペレーショナルインテリジェンスを獲得

世界の9つのAWS展開地域の顧客は、Splunk Cloudのあらゆる機能を活用し、ITオペレーション、アプリケーションデリバリー、セキュリティ、コンプライアンスが可能となるほか、ビジネス分析などを通じて重要な指標を得ることがきます。

Splunk Cloudはすでに下記の企業で導入が進んでいます。
1-800-FLOWERS.COM Chicago Public Schools Katana1
Lennar Corporation MindTouch、Polycom Republic Services Inc.
Sophos theScore Washington Post


Sophosのサイバーセキュリティ担当マネージャー、ロス・マカーチャー(Ross McKerchar)は、次のように述べています。「Splunk Cloudの持つ分析機能は、当社の新しいセキュリティオペレーションセンター(SOC)のサポート運営に欠かせません。24時間365日間自社のテクノロジーを常に補完し、ビジネスを滞りなく継続するための信頼性の高いソリューションが必要なため、当社のチームは、Splunkのリアルタイムのレポート機能、アラート機能、調査機能を活用しています。欧州連合(EU)内で提供されるSplunk Cloudは、オペレーショナルインテリジェンスとセキュリティを実現する業界をリードするプラットフォームであり、エンタープライズ対応の高性能クラウドサービスです。」

Katana1の共同創設者でマネージング・ディレクターのニック・ラッセル(Nick Russell)氏は、次のように述べています。「Splunk Cloudは、弊社の高度なマーケティング分析ソリューションであるOptimaHubのバックボーンであり、これにより経営幹部は新製品の動向や考察を得ることができます。当社がSplunk Cloudを採用したのは、SaaSモデルの特長である容易な管理とコスト効率を向上するためです。Splunk Cloudは運用が簡単であることに加え、高信頼性・高性能のクラウドサービスであるSplunk Enterpriseと全く同じ機能、メリット、洞察を備えています。」

Polycomのサービス戦略/設計担当ディレクター、ギャレット・ゾリジアン(Garrett Zorigian)氏は、次のように述べています。「Splunk Cloudは、IT部門、サービス部門、ビジネスセンターなど、Polycomで全社的に利用されており、高い投資収益(ROI)と、高価値の洞察を提供するソリューションです。Splunk CloudはAWS上のクラウドサービスなので、関連するITインフラストラクチャを管理するだけでよく、結果的にITリソースの初期費用が節約できるほか、企業全体を通じ自社のリソースをより効率的に再配分することが可能です。例えば、当社のSplunkチームは、ITの管理業務には一切時間を費やしていません。代わりに、カスタマ・エクペリエンスを向上させる分析サービスの提供や、従業員向けのコミュニケーション/コラボレーション・ソリューションを提供することのみに専念しています。」

Splunk Cloudでは、アプリケーション、API、アラート生成、ロールベースのアクセス制御など、数々の受賞歴を誇るSplunk Enterpriseプラットフォームの機能を余すところなく利用できます。Splunk Cloudの主な機能とメリットは、以下の通りです。

・即時性:
 Splunk Online Sandboxを使用して即時トライアルを開始でき、POCから運用へ即時に移行できます。
・安全性:
 SOC2 Type2認証が完了済みです。お客様企業専用のクラウド環境を提供します。
・信頼性:
 100%のアップタイムSLAを保証します。Splunkアプリケーション、API、SDKを含む全てのSplunk Enterpriseの機能を利用できます。1日10TB以上の拡張が可能です。
・ハイブリッド:
 Splunk Cloud (SaaS) とSplunk Enterprise (ソフトウェア) の実装によって全環境にわたる可視性を提供します。

100%のアップタイムSLAを保証する業界初のマシンデータ分析クラウドサービスについての詳細は、Splunk CloudのWebサイト リンク をご覧ください。


Splunk Inc. について
Splunk(R) Inc.(NASDAQ: SPLK)は、リアルタイムのオペレーショナルインテリジェンス・ソフトウェア・プラットフォームを提供します。Splunk(R)のソフトウェアとクラウドサービスは、ウェブサイト、アプリケーション、サーバー、ネットワーク、センサー、モバイル機器から生成されるビッグデータを、検索・監視・分析・可視化することを可能にします。世界100カ国以上の国で7,900以上の企業、政府機関、大学、サービスプロバイダーがSplunkのソフトウェアを利用し、ビジネスや顧客の理解を深め、サービスや稼働率の向上、コスト削減、サイバーセキュリティリスクの軽減を実現しています。SplunkではSplunk(R) Enterprise、Splunk Cloud(TM)、Hunk(TM)、Splunk MINT Express(TM)、プレミアム Splunk Appsを提供しています。詳しくは、 リンクをご覧ください。

ソーシャルメディア: Twitter リンク | LinkedIn リンク | YouTube リンク | Facebook リンク

# # #
【本件に関する報道関係の方のお問合せ先】
Creation Splunk PR担当
Tel.: 03 – 5427-7384 Fax.: 03 - 5427-7322
E-mail: masahiko.oshiro@creation.io / tomo.sugawara@creation.io

Splunk、Splunk>、 Listen to Your Data、マシンデータ向けのエンジン「the Engine for Machine Data」、Hunk, Splunk Cloud、Splunk Storm、 SPL、 Splunk MINT Express および Splunk MINT Enterprise は、Splunk Inc.の米国および他の法域における登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。

Copyright (c) 2015 Splunk Inc.  無断複写・転載を禁じます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。