logo

双方向型のデジタルサイネージを導入

株式会社東京国際フォーラム 2015年05月27日 17時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年5月27日

株式会社東京国際フォーラム

双方向型のデジタルサイネージを導入
2015年6月1日(月)より運用開始

株式会社東京国際フォーラム(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:
上條清文)は、館内に7台のデジタルサイネージ(双方向型情報検索端末)を設置し、
2015年6月1日(月)より運用を開始します。
東京国際フォーラムでは、国際会議をはじめとする様々な催事が開催され、
海外からのお客様をはじめとする多くの方々が訪れています。
こうしたお客様の利便性を向上させるため、多言語に対応して館内の施設情報を
提供することはもちろん、館内の経路案内や周辺地域の情報など様々なコンテンツを
ご用意しました。
今後、さらにデジタルサイネージのコンテンツを充実させるなど、
「世界をリードする都心型MICE施設」「文化・賑わいの発信拠点」
にふさわしいサービスを提供してまいります。

【今回設置するデジタルサイネージの主な仕様・特徴】
■ 見やすい・使いやすいディスプレイを設置
  ⇒50インチディスプレイ / 赤外線方式のタッチパネル
■ 豊富なコンテンツを提供
  ⇒館内の経路案内、店舗情報、本日の催事情報、周辺マップ、周辺駅の案内、
   バリアフリーマップ等
■ 多言語へも対応
  ⇒日本語、英語、韓国語、中国語(簡体字・繁体字)の4言語
  ※一部、日本語のみの情報があります
■ 使いたい時に
  ⇒館内7箇所一斉に設置
  ※ガラス棟1階有楽町駅側、地下コンコース地下鉄有楽町駅側及び
   JR東京駅側等に設置






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。