logo

Rani TherapeuticsがCシリーズの資金調達を確保

Rani Therapeutics 2015年05月27日 10時08分
From 共同通信PRワイヤー

Rani TherapeuticsがCシリーズの資金調達を確保

AsiaNet 60608(0684)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2015年5月27日PRN=共同通信JBN】
*画期的な経口バイオ治療薬プラットフォームの開発を加速するための投資

Rani Therapeutics(TM)は27日、Cシリーズの資金調達ラウンドが完了したと発表した。参加社にはノバルティス、Google Ventures、生命科学ベンチャー・ファンドのInCube Ventures、オンライン・ベンチャー・ファンドのVentureHealthと数社の追加的な投資家が含まれていた。

Rani Therapeuticsのミール・イムラン会長兼最高経営責任者(CEO)は「われわれはRaniのエキサイティングな新たな成長段階に入りつつあり、この資金調達はプラットフォームのリスク軽減継続を助け、臨床試験以後に必要なインフラ製造をつくるのに役立つ。われわれは何百万人もの患者に生物製剤を伝達する方法を根本的に変革する約束の実現にコミットしており、この資金調達は重要な一歩前進である」と語っている。

同社は最近、選ばれたノバルティス独自の生物製剤をRaniのユニークな投与ルートを使って血液中にどのように伝達できるかを評価する実行可能性研究を含むノバルティスとの協力提携関係も発表した。

Google Venturesのブレーク・バイヤース・ゼネラルパートナーは「現代は生命科学が前例のないペースで進展している時代である。われわれは前臨床研究におけるこのチームの強力な実績に興奮しており、Raniが患者の生活を改善する日が来ることを期待している」と語っている。

この資金調達におけるその他の投資家にはThe Stevanato Group、Crystal Horizon Investments、Pinemount Investments、Pacific Venture Opportunity Fund、それに後続投資家として加わったButtonwood Fundsが含まれている。

▽Rani Therapeuticsについて
Rani Therapeuticsはこれまで注入によってしか伝達できなかったペプチド、タンパク質、治療抗体の経口伝達の新たな手法を開発した。Rani Therapeuticsのためのこの手法と技術は画期的な医療イノベーションに集中している多診療科目の生命科学研究開発ラボであるInCube LabsLabs(リンク )でつくり出された。InCubeは多くの発明をした医療発明家、起業家、投資家であるミール・イムラン氏が指揮している。詳しい情報はwww.ranitherapeutics.com へ。

▽問い合わせ先
Stephanie McGro
+1-408-457-3730
stephanie@incubelabs.com

ソース:Rani Therapeutics

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。