logo

妊娠・出産・育児の必需品をリサイクル! ママたちのフリーマーケット「ベビカムフリマ」OPEN

年間900万人のママたちが訪れる妊娠・出産・育児の情報サイト「ベビカム」が開始

株式会社デジタルブティック(東京都港区、代表取締役社長 安西正育)は、日本最大級の妊娠・出産・育児の情報サイト「ベビカム(リンク)」にて、2015年5月25日(月)から『ベビカムフリマ』を開始しました。



[画像1: リンク ]



[画像2: リンク ]

「ベビカム」は、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、不安や悩みをお持ちの方々に、役立つ情報やサービス、コミュニケーションの場を提供する総合情報サイトです。

このたびオープンした『ベビカムフリマ』は、今まで「リサイクル市場」として人気を博してきた、妊娠・出産・育児に特化したフリーマーケットサービスを、より使いやすく改装し、みんなの集まる場として活用されることを目的としてリニューアルオープンしたものです。

■使わなくなった妊娠・出産・育児用品を、いつでもどこでもリサイクル
洋服、靴、おもちゃなど、使う期間が限られている妊娠・出産・育児用品は、リサイクルのニーズが非常に高い商品です。しかし、産前産後は自由に外出することができないため、不要になった物を持て余しているママたちも少なくありません。
そこで、家にいながら気軽に「売る」「買う」「探す」ことができる、「ベビカム」内のフリマサービスを強化し、ママたちが安心して自由に売買できる場を提供したいと考えました。

■スマートフォンでの出品・申請をよりスムーズに
現在、ベビカム利用者の8割以上がスマートフォンユーザーであることを鑑み、『ベビカムフリマ』は、スマートフォンで使いやすい仕様にしました。また、投稿・申請といったユーザー間のやり取りをスムーズにするための機能も追加し、使いやすさの向上を図っています。

[検索機能]
フリーワードを入力して検索できる検索窓のほか、「マタニティウェア」「抱っこひも」などのカテゴリ別検索や、価格で絞り込める機能が登場。
[画像3: リンク ]


[写真投稿]
写真は最大9枚まで掲載可能。細かな商品情報も、写真があれば伝えやすくなります。
[画像4: リンク ]


[ウォッチリスト]
出品中の商品や、取引申請中・取引中の商品がひとめでわかる「マイフリマ」や、ウォッチ中の商品がわかる「ウォッチリスト」など、自分のフリマの状況が把握できるフリマ専用メニューを設置。「あの商品、今どうなってるっけ?」と混乱することがありません。
[画像5: リンク ]



[取引評価]
取引した相手を「良い」「普通」「悪い」で評価することができます。付けられた評価は、投稿者情報として公開されるため、取引を申し込む際など、相手のフリマ活動状況を確認する目安にすることができます。これにより、未然にトラブルを防ぎ、参加者が安心して取引できるようになりました。
[画像6: リンク ]




■ママ同士が楽しくコミュニケーションできる場に
『ベビカムフリマ』は、単に商品を売買するだけでなく、売る・買う・探すのやり取りを通して、他のママ仲間と楽しく交流できる場となることを目指しています。みんなが集まって気軽にやり取りできる場があれば、妊娠・子育てライフは、きっともっと充実したものに変わっていくと信じています。


[サービス概要]
■サービス名: ベビカムフリマ
        リンク
■オープン日: 2015年5月25日(月)
■参加資格:  妊活中・妊娠中・育児中の方とその家族
■参加方法:  下記「ベビカムフリマ」ページよりアクセス
        リンク


『ベビカムフリマ』TOPページ
(パソコン版/スマートフォン版)
[画像7: リンク ]



投稿フォーム
[画像8: リンク ]




[サイト情報]
ベビカム(リンク
日本最大級の妊娠・出産・育児の情報サイト。1998年開設。コミュニティやブログサービスのほか、最新の医療、生活、商品情報を提供。妊娠・育児分野を中心とした大手企業からの協賛により運営しています。
また、仕事と子育てを両立したい女性たちを支援するWorkSmart事業も展開。2014年には、WorkSmartと日本屈指の子育てサポートを行う福岡県豊後高田市との取り組みが総務省に認められ、地方創生に資する「地域情報化大賞」の奨励賞を受賞しました。
会員数:266,800人
ユニークユーザ数:約200万人(月間)、900万人(年間)

[会社概要]
株式会社デジタルブティック
インターネットの「コミュニティ」を活用して世の中に貢献するために1996年に設立。年間600万人以上のママたちが訪れる日本最大級の育児コミュニティサイト「ベビカム」を1998年から運営し、育児中の女性の就業支援や、子ども向けの教育などに関わる事業を行うとともに、本田技研工業やNTT東日本のコミュニティ企画・運営をはじめ、数多くの企業に向けて、コミュニティの企画コンサルティング、制作、マーケティング、運営サービス等を提供する。また、幼児向け英語コミュニケーションサービス「DreamPIE」では、オンラインレッスンを中心に、英語で楽しめるさまざまなことを提供している。

商号: 株式会社デジタルブティック
設立: 1996年2月20日
資本金: 1億3732.2万円
代表取締役: 安西正育
所在地: 東京都港区芝浦1丁目13番10号 第3東運ビル3階
電話: 03-5439-5488
ファックス: 03-5439-5489
事業内容: ベビー関連事業、女性の就業支援事業、教育事業、企業へのコミュニティ提供事業など
ホームページ: リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。