logo

トリナ・ソーラー 大阪産業大学ソーラーカーチームのスポンサーシップを発表

トリナ・ソーラー・ジャパン株式会社 2015年05月26日 22時08分
From PR TIMES



 Tokyo, Japan 2015年5月26日 -太陽電池モジュール、ソリューションおよびサービスのグローバルリーダーであるTrina Solar Limited(TSL)(以下「トリナ・ソーラー」)は、2015年5月26日に大阪産業大学(以下「OSU」)ソーラーカーチームスポンサーとなったことを発表しました。
[画像: リンク ]

 OSUソーラーカーは、565枚の高効率太陽電池で発電された電力のみをエネルギー源として走行します。 トリナ・ソーラーは、研究室レベルで最大24.4%、量産レベルで最大23.1%の変換効率を達成した新たに開発されたバックコンタクト(IBC)セルをOSUソーラーカーに提供し、トリナ・ソーラーのセル・モジュールを搭載した新たなOSUソーラーカーが誕生しました。

 OSUソーラーカーは、今年8月上旬、日本で開催される最大級の国際ソーラーカー・レース 「FIA ALTERNATIVE ENERGIES CUP ソーラーカー・レース鈴鹿」に参加します。このレースには、60校以上の大学および高校が参加し、学生たちが最もエネルギー効率に優れたレースカーを設計するために積み重ねてきた努力と技術を競います。このレースは、学生たちの技術的スキルを示す場であるだけでなく、勝つためのプロジェクト管理、戦略的計画およびチームワーク作りを学ぶことができる場を提供することも大切な目的としています。 トリナ・ソーラーは、学生たちが技術革新を生み出し、協力的なチームワークを構築していける、このような大会を当初からサポートしたいと思っていました。

 OSUソーラーカーは、鈴鹿サーキットで毎年開催される「FIA ALTERNATIVE ENERGIES CUPソーラーカー・レース鈴鹿」に長年に渡り参加し、何度も好成績を収めています。OSUソーラーカーは、このレースに1995年以来20回以上参加し、そのほとんどの大会で総合3位以内の成績を収め、2012年、2013年、2014年には3年連続で総合1位を獲得しています。これは、さまざまな大学のチームと熾烈な競争を繰り広げた結果であることを考慮すると、非常に素晴らしい成績です。大阪産業大学は、将来ガソリンの入手が困難になった場合にも、人々がより快適に、より活動的に車を運転できるような、最先端カーテクノロジーの促進を目指しています。このビジョンは、OSUソーラーカーにも、安全で多彩なカーデザインとして反映されています。

 ソーラーカーの性能を決める主な要素は3つあります。1つめは、ソーラーカーに装備される太陽電池モジュールによる高い発電性能、2つめは、走行抵抗やエネルギー消費を最小限に抑えながら、どのくらいの距離を走行できるか、最後の3つめは、日照条件が絶えず変化する不安定な発電状況下で無駄なく走行できるように車を戦略的に管理することです。

 OSUソーラーカーチームは、大会の参加に向け、利用しやすく、信頼でき、効率性に優れ、またコストパフォーマンスにも優れた太陽電池を探していました。そして、トリナ・ソーラーの主任研究員兼副所長ピエール・ヴェルリンデン博士が行ったセミナーで、トリナ・ソーラーの太陽光発電技術国家重点実験室で開発されたIBC電池(バックコンタクトセル)テクノロジーを利用した新しい高効率モジュールの存在を知り、2015年のソーラーカー・レースでの4連覇を目指し、その太陽電池モジュールを提供してくれるようにトリナ・ソーラーに依頼しました。かねてよりこのような大会を支援したいと思っていたトリナ・ソーラーは、OSUソーラーカーに最先端の技術で生み出した高効率のセル・モジュールを提供することに同意し、OSUソーラーカーチームと共に鈴鹿サーキットの本戦での優勝をめざすことになりました。

 OSUソーラーカーの最初のテスト走行は、2015年5月26日に旧白浜空港にて行われました。これは、トリナ・ソーラーの高効率太陽電池モジュールを搭載した「OSU-Model-S」が誕生した瞬間でもありました。
8月1日に行われる鈴鹿サーキットでの本戦に向けて、大阪産業大学のチームとトリナ・ソーラーのチームは、総合1位を獲得できるように力を合わせ、最高のチームと最高の製品で最高の結果を残すために全力を尽くしていきます。

■Trina Solar Limited (トリナ・ソーラー)
トリナ・ソーラー(NY証券取引所:TSL)は、太陽電池モジュールおよび太陽光発電システムインテグレーションのグローバルリーダーです。1997年に太陽光システムインテグレーターとして設立以来、トリナ・ソーラーは、
世界中の施工、販売、ディベロッパーなどのパートナーの皆様と共に、“Smart Energy Together”(「みんなでスマートエネルギー」)を推進しています。優れた革新性、高品質、垂直統合による一貫生産体制、環境責任を軸に
トリナ・ソーラーはより良い社会づくりに取り組んでいます。詳しくは、リンクをご覧ください。

【本件に関するお問合せ】
トリナ・ソーラー・ジャパン株式会社 プレス担当:春日(マーケティング部)
TEL.03-3437-7000 (受付時間:月~金 ※祝日を除く 9:00~18:00)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。