logo

JAソーラーとEssel Infraprojects Limitedが500MWの太陽電池製造施設合弁で覚書調印

JAソーラー 2015年05月27日 07時00分
From 共同通信PRワイヤー

JAソーラーとEssel Infraprojects Limitedが500MWの太陽電池製造施設合弁で覚書調印

AsiaNet 60612(0690)

JAソーラーとEssel Infraprojects Limitedが500MWの太陽電池製造施設合弁で覚書調印

【上海2015年5月27日PRN=共同通信JBN】世界最大の高性能太陽光発電製品メーカーの1つであるJAソーラー・ホールディングス(JA Solar Holdings Co.Ltd.、Nasdaq: JASO)(JAソーラー)は27日、インドのビジネスパートナーEssel Infraprojects Limited(EIL)との間で覚書(MOU)に調印し、太陽電池・モジュール生産施設合弁事業(JV)を設立すると発表した。MOUによると、JVは500MW生産能力を持ち、各当事者の役割が規定されている。

Logo: リンク

これは5月16日、上海で開催されたインド中国ビジネスフォーラムで合意した。フォーラムには、インドのナレンドラ・モディ首相、中国の国家指導者、両国の商工業代表に加え、JAソーラーとパートナーのEILが出席した。

太陽電池産業における協力はフォーラムで特に注目された課題であり、両国の指導者は太陽電池パークの建設を最優先議題にすることで合意した。20を超えるさまざまな合意がフォーラムに出席した代表者によって調印され、総額は220億米ドルに達した。

ソース:JA Solar Holdings Co., Ltd.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。