logo

北京・ミラノ・ビジネス協力会議がミラノで29日から開催される

北京市政府 2015年05月26日 16時45分
From 共同通信PRワイヤー

北京・ミラノ・ビジネス協力会議がミラノで29日から開催される

AsiaNet 60616(0694)

【北京2015年5月26日新華社=共同通信JBN】2015年ミラノ万博(Expo Milan 2015)に参加する北京市の活動が5月29日に正式に開始される。Beijing-Milan Business Cooperation Meeting(北京・ミラノ・ビジネス協力会議)は同日、ミラノ商工会議所で開かれる。

ビジネス協力会議は北京市政府とミラノ市政府の共同開催で、中国国際貿易振興協議会北京支局(CCPIT Beijing)とミラノ商工会議所の共同主催となる。ビジネス協力会議は主として、中国・イタリア協力プロジェクト調印式、北京・ミラノ文化活動計画の中国・イタリア企業間交流・折衝、ハイエンドプロモーションなどプロモーション活動で成り立っている。

都市部農業、文化革新、現代メディア、ファッショデザイン、現代ロジスティクス、科学・技術、経済・貿易、関連産業分野で北京から参加する100人に余りの企業代表が、ビジネス協力会議に出席する。同会議の参加者はまた、政府官庁、商工会議所、ロンバルディ州の企業を訪問する。加えて、北京の企業代表はパルマ市の農業パークを訪れる。さらに北京の企業代表はパルマにある農業パークを訪問する。

中国国際貿易振興協議会上北京支局(CCPIT Beijing)は現在まで、ミラノ商工会議所、モデナ商工会議所、ローマ商工会議所、その他イタリアの5つの商工会議所との協力協定を結んでいる。

2014年までに、総計324社のイタリア企業が北京に投資しており、これまでに2億3200万ドルの契約済み投資の内1億2000万ドルが実際に支出されている。北京へのイタリアの投資は主として製造、ホールセールとリテール、リース、ビジネスサービスなど。北京・ミラノ・ビジネス協力会議は、中国とイタリアが相互経済・貿易・交流協力のさらなる発展を支援する。

ソース:Beijing Municipal Government

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。