logo

フルーク・ネットワークス、TruView Live (SaaS) を発表、業界で最も完璧なネットワークとアプリケーション・パフォーマンス管理ソリューションに。

フルーク・ネットワークス (TFF フルーク) 2015年05月26日 10時00分
From ValuePress!

米フルーク・ネットワークス社は、現在のICT環境において未だ実現されていない、ネットワークとアプリケーション・パフォーマンスに対する可視性をもたらす、アプリケーション、プラットフォームとインフラのリアルタイム・モニタリング機能を情報サービスとして提供する「TruView Live」を発表しました。

フルーク・ネットワークス、「TruView(TM) Live 」(SaaS) を発表
業界で最も完璧なネットワークとアプリケーション・パフォーマンス管理ソリューションに

エンタープライズ・データセンター・インフラと外部アプリケーションの境界が不明瞭となりつつある、
現在のボーダレス・エンタープライズ環境において、十分な可視性を実現し、
IT 部門における、最適なエンド・ユーザー・エクスペリアンスの確実性を高める

テスターからネットワーク管理まで幅広いネットワーク関連製品を提供する米フルーク・ネットワークス社の日本法人である株式会社TFFフルーク 社(東京都港区、代表取締役: ホワン・イー・ジェイ、資本金:1億円)は、米フルーク・ネットワークス社(本社:米国ワシントン州エバレット、以下米フルーク・ネットワークス)が、ネットワークとアプリケーション・パフォーマンスに対する完璧な可視性の欠如が、エンド・ユーザー・エクスペリアンスの潜在的な質の低下をもたらしている現在のICT環境において、アプリケーション、プラットフォームとインフラのリアルタイム・モニタリング機能を情報サービスとして提供する「TruView(TM) Live 」を、米国時間5月19日(日本時間:5月20日)に発表したことをお伝えいたします。

新たなチャンスに対するイノベーションと速やかな対応を推し進めるため、基幹ビジネス・クラウド・アプリケーションの利用の増加は、それらを採用する企業に犠牲を強いています。すなわち、ネットワークとアプリケーション・パフォーマンスに対する完璧な可視性の欠如が、エンド・ユーザー・エクスペリアンスの潜在的な質の低下をもたらしているといえます。このような課題を克服しょうと、アプリケーション、プラットフォームとインフラのリアルタイム・モニタリング機能を情報サービスとして提供する、フルーク・ネットワークスの 「ボーダレス・エンタープライズ」 製品ラインの新製品が、「TruView(TM) Live 」です。「TruView Live」を使用することで、 IT 部門は、問題を迅速に特定・解決し、最適なエンド・ユーザー・エクペリアンスを提供しながら、自らの部門がクラウド・サービスの十分な価値を確実に理解するために必要な「エンド・エンド間の可視性」を手に入れることができます。

※米国の発表文の「TruView Live 」の詳細(英文)は、こちらをご覧ください。
リンク

今日、82%の企業が、クラウド・サービスをいくつか組み合せた戦略を採用しており、この数字は、2014年の74%注1から増加しています。多くのデータやアプリケーションがクラウドに移行するに従い、快適なエンド・ユーザー・エクペリアンスを提供することは、さらに困難になり、よりコストのかかるものとなり、IT部門による設定の間違いによって生じる可用性とパフォーマンスのエラーは、約60%注2に上り、平均のネットワーク停止による損失は、1分あたり7,900ドル注3ほどとなります。このエンド・ユーザー・エクペリアンスの悪化と収益の損失により、社内あるいはクラウド上に存在するアプリケーションを収容することのできるネットワークとアプリケーションのパフォーマンス測定への必要性が新たに出てきました。
注1)RightScale, State of the Cloud Report, 2015
注2)Enterprise Management Associates, Monitoring IT for Real-time Operational Performance, 2013
注3)Ponemon Institute, Cost of Data Center Outages, 2013

「Office365 と Salesforce.com のようなクラウド・ベースのアプリケーションの普及と、「シャドウ IT 」※の出現は、IT部門のリーダーにとって、全 IT インフラにわたる可視性の獲得と影響力を行使するのが、これまでよりもはるかに課題の多いものになっていることを意味します。」とフルーク・ネットワークスのエンタープライズ・ビジネス・ユニットのデール・ディバルスキ(Daryle DeBalski)副社長兼ジェネラル・マネージャは述べています。「企業ITはサービス・プロバイダーからバリュー・プロバイダーにまで展開され、IT部門にとって、エンド・ユーザー・エクペリアンスの向上が、自らの価値を示す重要なパフォーマンスの指標として求められることになってきました。「TruView Live」は、データセンターとクラウドのはざ間を埋め、IT部門にあらためて、エンド・トゥ・エンド間のネットワークの可視性を与えることができるのです。
※シャドウIT(Shadow IT): 個人所有デバイスやクラウド・サービスを仕事で“勝手”に使うこと。個人所有デバイスを業務利用する「BYOD」(Bring Your Own Device)とは違い、「シャドウIT」は対象がデバイスに限らず、「会社で承認されている」BYODとは異なり、承認外の状況をいう。

■「TruView Live 」のアプローチについて:
「TruView Live」は、完璧なスケーラブル契約サービスとして、ほんの数分でクラウド・サービスのモニタリングを開始できる、柔軟性と使い易さをITチームに提供します。また、「TruView Live」は、単独で稼働することも、あるいはフルーク・ネットワークスの既存の製品ラインのネットワークとアプリケーション・パフォーマンス・ソリューションと連係稼働することもできるよう設計されているため、簡単にインストールができ、導入のための特別な知識やトレーニングも必要ありません。

●「TruView Live」によって、IT管理者は次のことが可能になります。
・1枚のダッシュボードにリアルタイムでネットワークのエンド・エンド間の可用性とパフォーマンスの監視が可能です。
・ユーザーに影響を与える前に問題解決のためのアラートの受信とパフォーマンスしきい値の設定が可能です。
・事業の生産性の維持のための問題の切り分けとプロアクティブな対応が可能です。
・必要に応じた、SaaS性能と SLA の正確なレポート生成が可能です。

●「TruView Live」のアクティブ・テスト・センサー「パルス(Pulse )」
「TruView Live」は、「パルス(Pulse)」と呼ばれるアクティブ・テスト・センサーを経由して、アプリケーションの可用性とパフォーマンスの情報を集め、監視を行います。「パルス(Pulse )」には次の3種類があり、どのような組合せでも使用できます。:

1)「TruView Pulse」:小型のプラグ・アンド・プレイ・タイプのアクティブ・テスト用のマイクロ・アプライアンスで、直接、イーサネット・ポートに接続します。エージェントの必要ないアーキテクチャーによって、システム管理者は、「TruView Pulse」を、ワイヤリング・クローゼット、サブネット、データセンターのどこでも接続することができます。「TruView Pulse」の導入価格は、299ドル (USドル)です。

2)「Virtual Pulse」:無償の、Windows and Linux 対応のダウンロード・タイプのソフトウェアPulseです。ソフトウェアPulseは、ユーザーのノートPC上で稼働させたとしても、たったの数分でテストを開始できます。特に、ユーザーが遠隔地で問題を抱えていることから、IT管理者がリアルタイムで即応しなければならないときには大変役立ちます。

3)「Global Pulse」:世界中にいくつか配備されたクラウド上にホスティングされた Pulse です。「Global Pulse」は、「TruView Pulse」 または「Virtual Pulse」のモニタリング能力を持っており、接続性とパフォーマンス問題の三角測量が容易に行えるように外部のサードパーティーの参照情報を提供します。「Global Pulse」は、ボタンをクリックするだけで導入が可能で、ソフトウェアのダウンロードやハードウェアの導入の必要もありません。

■業界で最も信頼のおけるブランドとの契約による利便性
「TruView Live 」は、それがモニターするシステムの多くと同じように、使用した分だけ支払う従量制のサービスです。つまり、企業は導入する必要のあるクラウド・サービスに応じて、契約数を増やすことができます。ネットワーク管理者から高い信頼性を持つフルーク・ネットワークス製品と同様に、クラウド・サービスのモニタリングにおいても、確実な品質が保証されることとなります。
※「 TruView Live 」は、企業が監視したいクラウド・サービスの数に基づき、3つのサービスレベルが用意されています。詳細な情報あるいはフリー・トライアルの開始については、次のサイトをご覧ください。
リンク

※今回の発表に関連する「ボーダレス・エンタープライズ」とその利点、あるいは「ボーダレス・エンタープライズ」のリソースについての詳しい情報は以下のURLをご覧ください。
リンク

フルーク・ネットワークスについて
フルーク・ネットワークスは、問題解決の効率化とエンド・ユーザー・エクスペリアンスの確実な最適化を目指す、ネットワーク・パフォーマンス・モニタリングと診断ソリューションを提供する世界的なリーディング・カンパニーで、今日のボーダーレス企業環境にあってもその立場は変わりません。世界の先進企業が、WLANセキュリティー、 SaaS,、モビリティー、ユニファイド・コミュニケーションとデータセンターにおける最も困難な問題や新たに直面する課題の解決に、フルーク・ネットワークスを信頼し、共に取り組んでいます。本社、米国ワシントン州、エバレット。現在、日本を含む世界50ヶ国以上で事業を展開しており、弊社の高品質、高付加価値ソリューションは既に世界20,000以上の企業ネットワーク、システム・インテグレーター等のネットワーク設計、構築の専門企業などで使用されています。
詳細は以下のURLをご参照ください。 リンク

※記載されている会社名、製品名等は、各社の登録商標または商標です。



【本件に関するお問い合わせ先】
(株式会社TFF フルーク社)フルーク・ネットワークス
担当:天本(あまもと)
TEL:03-6714-3117
FAX:03-6714-3118
e-mail:infoj@fluke.com
住所:東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟6階

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。