logo

GMOリサーチ:デジタルマーケティング施策の効果を測定・分析できるリサーチパネル「Cloud Panel for Audience Tracking」を提供開始

GMOインターネットグループ 2015年05月26日 12時55分
From PR TIMES

~広告効果測定ツールやDMPなどマーケティングツールと順次連携~



2015年5月26日
報道関係各位

GMOリサーチ株式会社
===============================================================
デジタルマーケティング施策の効果を測定・分析できるリサーチパネル
「Cloud Panel for Audience Tracking」を提供開始
~広告効果測定ツールやDMPなどマーケティングツールと順次連携~
===============================================================
 GMOインターネットグループのGMOリサーチ株式会社(本社:東京都渋谷区、
代表取締役: 細川 慎一 以下、GMOリサーチ)は、「JAPAN Cloud Panel(
ジャパンクラウドパネル)(*1)」において、デジタルマーケティング施策の
効果を測定・分析できるリサーチパネル(*2)「Cloud Panel for Audience
Tracking(クラウドパネルフォーオーディエンストラッキング)」(以下、
CPAT(シーパット))を新たに構築し、本日2015年5月26日(火)より提供開始
いたしました。
 「CPAT」は、デジタルマーケティング施策の効果をより深く測定・分析し、
広告効果の最大化に活用できるパネルです。
 まずは、株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長: 岩
田 進 以下、ロックオン)のマーケティングプラットフォーム「アドエビ
ス」と連携し、同社より「アドエビス リサーチ」として企業向けに提供開
始いたしました。
 また、今後はGMOアドパートナーズ株式会社ならびにGMO NIKKO株式会社が
提供する「GMOプライベートDMP」との連携を視野に開発を進めてまいります。

(*1) 「JAPAN Cloud Panel」は、インターネット調査サービス「GMOリサーチ・
  クラウド・パネル」における、日本国内に特化した消費者パネルの総称。
(*2)パネルとは、モニターの集合体。モニターとは、アンケート協力の承
  諾を得ている会員一人ひとりのこと。
(*3)DMPとは、Data Management Platform(データマネジメントプラットフォー
  ム)の略称で、インターネット上に蓄積されるビッグデータや自社が保
  有する顧客データなどを一元管理・分析し、広告配信やマーケティング
  などの最適化を実現するプラットフォームのこと。
[画像1: リンク ]



-----------------------------------
【背景と概要】
-----------------------------------
 現在、デジタルマーケティングは、インターネット広告技術の飛躍的な進
歩に伴い高度化しています。特にDMPを導入し、自社で保有するユーザーの年
齢、性別、Web行動履歴などのデータを広告配信に有効活用したり、インター
ネットマーケティングに有効活用する企業も増えてきました。こうしたデジ
タルマーケティングの普及にともなって、施策結果を把握するため広告効果
測定ツールに対するニーズも高まっています。
 一方、インターネットを使ったアンケート調査サービスを提供するGMOリサー
チにおいても、広告の効果測定ツールから抽出されたデータ(CTR(*4)・
CVR(*5)・Webサイト流入経路)と、アンケート調査で把握できる「認知度
・興味度・購入意向・競合比較」などの指標を掛けあわせ、より深くデジタ
ルマーケティング施策の効果を分析したいというニーズが寄せられておりま
した。

 そこでこの度GMOリサーチは、約550万人の消費者パネルである「JAPAN
Cloud Panel」において、他社の広告効果測定ツールやDMPなどのマーケティ
ングツールと連携し、デジタルマーケティングの効果を測定・分析できるリ
サーチパネル「CPAT」を構築いたしました。「CPAT」では、「JAPAN Cloud
Panel」のうち約35万人のモニター情報を活用することが可能です。
まずは第一弾として、ロックオンのマーケティングプラットフォーム「ア
ドエビス」との連携を本日より開始し、同社の「アドエビス リサーチ」を
ご利用の方向けに提供開始いたしました。
 今後もGMOリサーチは、「GMOプライベートDMP」との連携をはじめ、「CPAT」
においてさまざまなマーケティングツールとの連携を拡大し、デジタルマー
ケティング効果の最大化を支援してまいります。

(*4)CTRとは、Click Through Rateの略称で、広告が表示された際にクリッ
  クされた割合のこと。
(*5)CVRとは、Conversion Rateの略称で、広告がユーザーにクリックされ
  た回数のうち、それがサイトの目標とされる購入や会員登録などの成果
  (コンバージョン)に結びついた割合のこと。


---------------------------------------------------
【「CPAT」とマーケティングツールの連携について】
---------------------------------------------------
 「CPAT」を利用することで、この度連携を開始した「アドエビス」をはじ
め、連携先の広告効果測定ツールやDMPが取得したCookie情報(Webサイトの
アクセス履歴、ログインIDなどのユーザー情報)をもとに、Webサイトを訪問
したユーザーおよびインターネット広告への接触/非接触者を割り出し、
「CPAT」のモニター情報と紐付けることができます。これにより、以下のよ
うなデジタルマーケティング施策の効果測定・分析を行うことができ、広告
効果の最大化にお役立ていただけます。
 なお、「CPAT」をご利用いただくためには、連携マーケテイングツールを
お申し込みいただく必要があります。

┏━━━┓
┃特徴1┃Webサイト訪問者や広告接触者の属性を分析
┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「CPAT」モニター情報から、Webサイト訪問者や広告接触者のデモグラフィッ
ク属性(年齢・性別・居住地域・職業など)を割り出すことができます。例
えば、流入元別に「媒体A経由では男性の訪問者が多く、SNS広告経由では女
性の訪問者が多い」といった分析も行えるので、コンバージョンの拡大に活
用できます。

┏━━━┓「Webサイトの離脱理由」など、
┃特徴2┃アンケートによる追跡調査で詳細に広告効果を測定
┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 紐付けられた「CPAT」モニターの中から希望対象者を抽出することで、広
告接触後商品を購入しなかった人へWebサイトの離脱理由を尋ねたり、閲覧し
た広告別にクリエイティブの認知度や満足度を尋ねたりといった、アンケー
トによる追跡調査を行うことが可能です。
 また、希望対象者を細かくセグメント化できるので、ニーズに応じて「認
知度・興味度・購入意向・競合比較」といった回答データを収集し、広告効
果を詳細に測定できます。
[画像2: リンク ]

※「CPAT」をご利用いただくためには、連携先のマーケティングツールをお
 申し込みいただく必要があります。
※料金は個別にお見積りとなります。詳細は連携先各社へお問い合わせください。


▼「CPAT」のアウトプットイメージは、以下のURLをご参照ください。
 URL:リンク
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

※上記はオプションのアウトプットイメージで、今後変更される可能性があ
 ります。また、データ納品のみの対応も可能です。


-----------------------------------------
【GMOリサーチ株式会社について】
-----------------------------------------
 GMOリサーチは、従来通りの市場調査手法はもちろん、MROCやアイトラッキ
ング、スキャナマインドなど、最先端の技術と手法を駆使した市場調査サー
ビスを提供しております。現在、アジア14カ国で約1400万人の消費者にイン
ターネットリサーチが可能な「ASIA Cloud Panel(アジアクラウドパネル)」
を利用したインターネットリサーチの他、マーケターの調査をサポートする
DIY型インターネットリサーチツール「GMO Market Observer(マーケットオブ
ザーバー)」を2014年より提供開始いたしました。
 アジア最大規模の調査対象者とDIY型インターネットリサーチツール2つの
サービスを通じて、当社はアジアの生活者のニーズを世界中の企業にご提供
し、更なるインターネットリサーチの発展に貢献してまいります。


【参考URL】
■「アドエビス」 : リンク
■「アドエビス リサーチ」 : リンク
■「ASIA Cloud Panel」 : リンク
■「GMO Market Observer」 : リンク

以上

-----------------------------------------------------------------
【「CPAT」に関するお問い合わせ先】
●GMOリサーチ株式会社
コンサルティング営業部 担当 早井
TEL:03-5459-5565(直通)
-----------------------------------------------------------------
【報道関係お問い合わせ先】
●GMOリサーチ株式会社 サービス・プロデュース本部 担当 白鳥
TEL:03-5962-0037(代表)
E-mail:press@gmo-research.jp

●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 細田・石井・島田
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611
E-mail:pr@gmo.jp
-----------------------------------------------------------------

【GMOリサーチ株式会社】(URL:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOリサーチ株式会社 (東証マザーズ 証券コード:3695)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役社長 細川 慎一
事業内容 ■インターネットリサーチ事業
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOインターネット株式会社】(URL:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
     ■インターネット広告・メディア事業
    ■インターネット証券事業
    ■モバイルエンターテイメント事業
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2015 GMO Research, Inc. All Rights Reserved.

■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。