logo

日本唯一のロングセラー速記用シャープペン「プレスマン」を37年ぶりに機能向上し新発売

プラチナ万年筆株式会社 2015年05月26日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年5月26日

プラチナ万年筆(株)

日本唯一のロングセラー速記用シャープペン
「プレスマン」を37年ぶりに機能向上し新発売
日本でのシャープペン誕生100周年に合わせて新発売。

プラチナ万年筆株式会社(本社;東京 社長;中田俊也)では、日本で唯一のロングセラー速記用シャープペン「プレスマン」を1978 年発売以来、37 年ぶりに外観そのままで、快適性を改善して平成27 年6 月1 日にリニューアル発売します。当社ロングセラー商品「プレスマン」は速記士や、記者向けに開発されたシャープペンです。筆記のプロ用として当時開発するにあたり、「多くの文字を素早く書く」ことで芯の折れない構造でなければなりませんでした。そこで芯を一般的な0.5mm から0.9mm 芯と太くし、滑らかさを向上させる為に内蔵したセーフティスライド機構が芯をスライドさせ、速記中に起こる強い筆圧から芯折れを防ぐ事を可能にしました。また、取材中に芯を使い切ると何度もノックしなければならず、タイミングを逃してしまわない様にプレスマンは通常全長60mm の芯を100mm の2B 芯にし、途切れのない取材を可能にしました。これらの機能と書き味が徐々に認められ当時国会での書記に使用される様になりました。その後、速記を目的としない方へ認められ、執筆家、クリエーター、コピーライター等、物を創造する職業の方にも「イメージをスケッチするのに最適」と長年愛され続けて来ました。今回、日本で実用的シャープペンが誕生してから100 年に当たる今年に合わせて利用者の声に耳を傾けロングセラー「プレスマン」を改良致しました。低価格でプロ気分の書き味と機能を味わえるシャープペンを是非お試し下さい。
●改善点
※先端セーフティースライド機構のクッション圧を高めにして意図しない芯スライドを防止しました。筆圧の低い方から高い方までサポートします。※芯を出す時のノック音を大幅に低減。さらにノック圧を軽くする事によりスピーディで軽快な芯出しを実現しました。力の弱いユーザーにもスムーズにノック出来ます。※ロゴマークの変更。
新「プレスマン 」シャープペン ●品番 MPS-200●価格 ¥200(税抜)●製品仕様 ABS 樹脂ボディ 芯2B 100mm●サイズ 全長148mm× 最大径9mm 重量8.1g



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。