logo

国内で初めて全IoT端末から送信されるデータを自動受信・検知・制御 IoT OS「SINGULARITY」2015年6月下旬より提供開始

ジグソー株式会社 2015年05月25日 17時30分
From PR TIMES

IoT時代に必須のIoTデータのダイレクトコントロールを推進

IoTデータを活用した自動運用(オートパイロット)サービスと自動制御システムをクラウド提供するジグソー株式会社(本店:北海道札幌市北区、代表取締役:山川 真考)は、全てのIoT端末から送信されるデータを自動受信・検知・制御するためのIoT OS「SINGULARITY」および puzzle for IoTを2015年6月下旬より提供を開始いたします。



■2020年に市場規模16.4兆円(※)。IoT関連市場で必要なデータの管理・運用
2014年の国内IoT市場売上規模9.4兆円に対し、2019年には16.4兆円に達する見通し(※)となっております。IoT市場の拡大に応じて、IoT端末から送信されるデータの管理・運用市場も拡大し、2019年には1兆円に成長する見込みです。しかし、市場の成長に対してインフラエンジニアの不足が予想されており、当社が提唱するA&A(自動検知・自動制御)サービスに注目が集まっております。

■全てのIoT端末から収集したデータの自動検知・自動制御を可能に
当社では今後注目が集まるIoT時代に必要なビックデータの管理・運用を実現するA&A(自動検知・自動制御)プラットフォーム「puzzle」を提供しています。そして、このたび新たに全てのIoT端末から送信されるデータを自動受信・検知するためのIoT OS 「SINGULARITY」および puzzle for IoTの提供を開始。今回のリリースにより、従来のクラウドやサーバ・ネットワークの領域を大きく超え、A&Aプラットフォーム「puzzle」と組み合わせることで、全てのセンサーから自動収集されるIoTデータのダイレクトハンドリングを実現いたします。

今回、IoT OS「SINGULARITY」および puzzle for IoTの提供開始により、あらゆる業界に向けて当社のA&A(自動検知・自動制御)サービスの提供と、多くのIoTサービスを利用・提供する企業への取り組みを進化させることが可能になりました。今後も、様々な企業との幅広い観点での連携を通じ、得意領域であるOS領域における取組を進化させるとともに、来るべきデジタルユニバースを支えるNo.1企業として取り組んでまいります。

※「IoT市場の最新動向」(2015.2.5)IDC JAPAN発表より
[画像1: リンク ]



■概要

・名称:
[画像2: リンク ]

・内容: 当社のA&A(自動検知・自動制御)サービスのご提供領域を、従来のクラウドやサーバ・ネットワークの領域を大きく超え、全てのセンサーから自動収集されるIoTデータのダイレクトハンドリングを実現します。その結果、全てのIoT端末のデータを自動受信・自動検知・自動制御を可能にします。
・提供開始予定: 6月下旬予定

【ジグソー株式会社について】
ジグソー株式会社はIoTビックデータを活用した自動運用(オートパイロット)サービスと、人工知能およびロボット型ソフトウエアをベースとした自動制御システムをクラウド提供。そのほかにも、システム監視、障害対応からシステム運用全般までトータルサポートなどを行っている国内唯一の次世代総合システム運用カンパニーです。

■会社概要
会社名: ジグソー株式会社(URL:リンク
証券コード:3914
所在地: 東京本社/東京都港区三田2-10-6 9F
札幌本店/北海道札幌市北区北8条西3丁目32番7階
SCCおよびサテライトオフィス、A&Aラボ/札幌市内
代表者: 代表取締役 山川 真考
設立: 2001年11月
資本金: 2億7,288万円(2015年4月28日現在)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。