logo

新日鉄住金 北米AM/NS Calvert社での自動車用高成形性超ハイテンの製造対策の推進について

新日鐵住金株式会社 2015年05月25日 16時00分
From Digital PR Platform


新日鐵住金株式会社(社長:進藤 孝生 以下、「新日鐵住金」)は、ArcelorMittal社(本社:ルクセンブルグ、CEO:Lakshmi Mittal、以下、「AM」)との合弁の米国鋼板製造・販売拠点である、AM/NS Calvert社(本社:米国、CEO:Chris Richards)において、自動車の骨格部品に適用可能な、高い成形性と1.2GPa(ギガパスカル)級までの強度を併せ持つ、高成形性高張力冷延及びめっき鋼板(以下、「高成形性超ハイテン(*)」)の製造対策を、2016年末を目途に実施して参ります。

AM/NS Calvert社では、既存設備で1.2GPa級までのハイテンが製造可能です。これに加え、今回の対策により、現在当社が日本国内のみで製造している、成形性を更に高めた超ハイテンを、初めて海外で製造することが可能となり、当社の自動車用高級鋼板のグローバル供給体制がより充実することとなります。

米国における当社とAM社との既存自動車鋼板製造拠点であるI/N Tek社・I/N Kote社ではハイテンの製造可能品目は限られております。一方、北米に製造拠点のある自動車各社においては、更なる車体軽量化や衝突安全性の向上ニーズが高まっており、強度と成形性等の各種特性を高い次元で両立させた高成形性超ハイテンの、北米での製造体制の整備が、需要家側からも望まれていました。

今後、AM/NS Calvert社において、高成形性超ハイテンに必要な微細金属組織の最適化を実現する当社技術やプロセスを導入し、高成形性超ハイテンの製造体制を2016年末を目途に確立いたします。

新日鐵住金は今後も自動車の軽量化等に寄与する、環境にやさしい材料の開発やグローバルな供給を通じて、需要家や社会の要請に応えていくとともに、他素材対抗も念頭におき、鉄素材の更なる競争力向上に努めて参ります。

(*)高成形性超ハイテン:
ハイテンとは、High Tensile Strength Steel(高張力鋼板)の略称で、引張強度の保証値が340mpa以上の鋼板の総称。ハイテンの中で、強度と成形性等各種特性を高い次元で両立させたものを高成形性超ハイテンと呼称。1.2GPa級高成形性超ハイテンは、引張強度の保証値が1180MPa以上で、2ランク低い強度レベルの780Mpa級と同等程度の成形性を有している。


(お問い合わせ先) 総務部広報センター Tel:03-6867-2135, 2146, 2977, 5807
以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。