logo

マジックメソッドを巡る旅 その1

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「マジックメソッドを巡る旅 その1」を公開しました。

###

マジックメソッド、でございます。かなり長い道中が予想されるので「旅」とか呼称してみました。
トリッキーな事もできますが、上級の試験対策にもなりますし、素直に「便利」なものも少なからずありますので、
ちょいと腰をすえて丁寧に進めていきたいと思います。

マジックメソッドは、割と平たくまとめられていて「特殊な機能を持つ」関数です。
実際には「そのメソッド名でcallされず、ある特定のイベントが発生したときに、
自動で呼ばれるメソッド」になります。

ちなみに極おおざっぱな見分け方ですが。メソッド名に「アンダースコアが二つ並んでいる」のが特徴なので、
そこを一つの手がかりにするとよいかもしれません。
ただ、フレームワークの規約などによっては「privateなメソッドは、メソッド名の先頭にアンダースコアを二つ」
という規約があるものもあるので、必ず、というわけでもないのですが。

閑話休題。

まず、一番始めに「__construct()」「__destruct()」を取り上げてみましょう。
言わずと知れた「コンストラクタ」「デストラクタ」用のメソッドですが、
実はこの子もれっきとした「マジックメソッド」だったりします。

始めにコンストラクタを解説していきましょう。
コンストラクタは「オブジェクトが生成されるタイミング(普通、new)で呼び出されるクラス関数/メソッド」で、
通常はクラス変数/プロパティの初期化とかを行ったりすることが多いもの、になります。
とりあえず、簡単なコードでコンストラクタを確認をしてみましょう。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。