logo

JRC社 と AWT 社とのパートナーシップによる新たな取り組みJ-Marine Routing

AWT 社 2015年05月22日 10時45分
From 共同通信PRワイヤー

JRC社 と AWT 社とのパートナーシップによる新たな取り組みJ-Marine Routing

AsiaNet 60591

JRC社 と AWT 社とのパートナーシップによる新たな取り組みJ-Marine Routing

両社のコラボレーションにより ECDIS と船上搭載型システムJ-Marine Routing とのシームレスな航路情報の共有化が実現しました。

海運会社向けのフリートマネージメントサービスや船舶向けソフトウエアのプロバイダーとして知られるAWT社は、日本無線株式会社(以下JRC社)との業務提携により、J-Marine Routing システムを開発したと発表しました。

JRC社は、船舶向け航海計器や通信機器システムを販売する世界有数のサプライアーであり、独特のテクノロジーに基づいて、高品質の製品を海運業界に提供し続けています。J-Marine Routing は、JRC社の新しいコンセプトであるJ-Marine Cloud サービスと融合した、最適航路立案のための支援サービスです。

Logo - リンク

J-Marine Routing は、航海毎に異なる諸条件を考慮した航路を簡単に作成し、最適化することができます。J-Marine Routing で作成した航路情報は、Electronic Chart Display Information Systems(以下 ECDIS)にエクスポートすることによって、水深、或いは陸地、橋梁、沈船等の障害物の情報をもとに補正することができるため、より安全、且つ、経済的な航路選定が可能になります。また、J-Marine Routing を使って作成した航路情報は、パッセージプラン作成ツール等、他の航海システムにも活用することができます。

JRC J-Marine Cloud サービスは、船舶の安全性と経済性を合わせ持つ最適な航海の実現に向けて、通信コスト、各種航海システム、電子チャートの管理、気象海象データ並びに航路選定などに対し包括的なソリューションを提供することができます。ECIDS と J-Marine Routing とによる情報の共有は、航路計画、船舶位置、その他の必要不可欠な航海情報データ等、船陸間の情報共有化のための1つのチャネルにもなり、また、計画航路の作成や編集に費やす作業時間を短縮することができます。

AWT 社 CEO Haydn Jones(ヘイデン・ジョーンズ)は、ウェザールーティングと船上で利用されている航路選定のためのツールとは融合すべきであり、この点について疑う余地はないと述べています。同時に、ECDIS の進歩は気象海象要因とナビゲーションシステムとの融合の必要性と可能性を示し、この両者融合に向けた取り組みのために名声と実績を兼ね備えたJRC社と業務提供できたことを大変光栄に思っています。とコメントしています。 JRC社のブリッジシステムと当社のソフトウェアのインテグレーションは、安全、且つ経済的な航路の選定に利用できる最高のツールを提供するのと同時に、船主やオペレーターにたいして航海時間の短縮や燃料節約の効果をもたらすものと思います。

日本無線株式会社 海上機器事業部長 小島啓明 氏によると、当社は、海運会社向けのフリートマネージメントサービスやソフトウェアのプロバイダとしてマーケットリーダー的な存在であるAWT社とのコラボレーションに大変期待しており、J-Marine Cloud サービスは、安全で経済的な航海の実現をサポートするため、最も効果的なソリューションを提供するワンストップサービスであると述べています。

日本無線株式会社 JRC
東京に本社を置く世界有数の通信機器メーカー。国内外に営業拠点を持つ。船舶向け通信機器や航海機器等の設計、販売等を行うリーディングカンパニー。

Applied Weather Technology, Inc.  AWT
本社はカリフォルニア州シリコンバレー。営業活動の拠点として、ロンドン、ニューヨーク、東京、香港、上海、シンガポール、ソウルに支社を置く。ウエザールーティングサービスをはじめ、船舶の動静管理システムや、船上搭載型システムのリーディングプロバイダーであり、年間あたり約50,000航海をサポート。2014年1月 StormGeo の傘下。

StormGeo
本社ベルゲン(ノルウェー)。15カ国に25の支社を置く。石油、ガス、再生可能エネルギー等の分野に加え、メディアと航空業界にたいして様々なソリューションサービスを提供。

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。