logo

ウインドリバー、クラウド型IoTプラットフォームで業界の各賞を受賞

2015年5月14日、カリフォルニア州アラメダ発 - モノのインターネット(IoT)向けソフトウェアを提供する世界的なリーダー、ウインドリバーは、エッジ管理システム「Wind River Helix(TM) Device Cloud」で、「2015 IoT Evolution Product of the Year Award」(*1)および「2015 Connected World IoT Innovations Award」(*2)を受賞しました。クラウド型IoTプラットフォームである同製品は、センサー、デバイス、マシンをネットワークインフラにセキュアに接続できます。

今回の受賞は、IoT業界におけるウインドリバーの技術的な進展と躍進に弾みをつけるものです。IoT Evolution Product of the Year賞は、距離に関係のない情報収集の可能性を実現しているシステムやソリューションを表彰します。Connected World IoT Innovations賞では、独創的で技術的に高度な製品、サービス、プラットフォームなど、さまざまな基準に基づいて受賞者が選出されました。

ウインドリバーのIoTソリューション担当バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャー、イード・サリグは次のように述べています。「ウインドリバーのクラウド技術は、モノの接続、デバイスの管理、データの収集、成果の革新、カスタムアプリケーションの構築を企業が業界横断的に実現できるよう支援することで、IoTの加速に貢献する役割を果たしています。今回の受賞は、ウインドリバーのIoT戦略とビジョンが認められ、お客様とエコシステムに届けている価値を証明するものです」

Device Cloudは、デバイスからクラウドまでカバーする、事前にインテグレーション済みのテクノロジスタックです。Device Cloudエージェントにより、クラウドとの接続が可能になり、データの取得、ルールベースのデータ分析や応答、コンフィギュレーション、ファイル転送といった機能を簡単に実現できます。特定業界向けIoTソリューションの構築や、異種エンタープライズITシステムの統合を迅速に行えます。幅広いハードウェアとOSをサポートしており、お客様のIoT実装に最大限の柔軟性を提供します。Device Cloudは、インテルIoTプラットフォーム(*3)の構成要素でもあります。

『IoT Evolution Magazine』誌の共同出版社Crossfire Media社のCEO、カール・フォード氏は次のように述べています。「IoT Evolution Product of the Year Awardに選ばれたソリューションは、今日のM2M市場を推進する多様なイノベーションを反映しています。急速に発展するIoT業界に対する、ウインドリバーの革新的な功績と偉大な貢献に祝意を表します」

『Connected World』誌の編集部長、ペギー・スメドレー氏は次のように述べています。「企業はWind River Helix Device Cloudにより、収益の創出、既存インフラの最大利用、ビジネスプロセスの改善に必要な、ビジネスインテリジェンスの収集を実現できます」

Device Cloudは、エッジでのインテリジェントデバイスのセキュア化や運用管理から、ゲートウェイ、ネットワーク、クラウドとの連携まで、IoTの進展に対応できるWind River Helix製品ポートフォリオの1つです。

Wind River Helix Device Cloudの詳細については、こちらをご覧ください。
リンク
IoTがもたらすビジネスチャンスと課題にウインドリバーがどのように対応しているかについては、こちらでご覧いただけます。
リンク

*1: リンク
*2: リンク
*3: リンク

■ウインドリバーについて
ウインドリバーはインテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、モノのインターネット(IoT)向けソフトウェアを提供する世界的なリーディングカンパニーです。ウインドリバーは、1981年からエンベデッドデバイス向けソフトウェアを提供するパイオニアであり、そのテクノロジは20億を超える製品に使用されています。ウインドリバーは、業界でも屈指の包括的な組込みソフトウェアポートフォリオを有しており、ワールドクラスのプロフェッショナルサービスおよびサポートを提供し、さらにこれらは広範なパートナーエコシステムに支えられています。テクノロジと専門性を提供することで、安全、セキュア、そして信頼性に優れたインテリジェント システムの革新とデプロイを支援します。
リンク

              # # #

*Wind Riverは、Wind River Systems, Inc. および同社の関連会社の商標または登録商標です。記載されているその他の商標は、各所有者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。