logo

「登下校ミマモルメ」・「はんしんいきいきデイサービス」に続く新規事業第3弾 鉄道会社初の宅配による書籍・書類預かりサービス「利創庫(risoco)」が新たに八重洲ブックセンターと提携

阪神電気鉄道株式会社 2015年05月21日 12時40分
From PR TIMES

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)では、2015年5月7日に新規事業として、宅配便を活用した荷物預かりサービス「利創庫(risoco)」(以下「本サービス」といいます。)を本格開始しました。
5月21日からは新たに株式会社八重洲ブックセンター(本社:東京都中央区、社長:吉野 裕二)と業務提携を行い「利創庫(risoco)books」(※1)として書籍に特化した預かりサービスを行います。



[画像1: リンク ]

※1 「利創庫(risoco)books」では既に、株式会社三省堂書店(本社:東京都千代田区、社長:亀井忠雄)、株式会社紀伊國屋書店梅田本店(梅田本店(関西地区13店舗を統括):大阪市北区、常務取締役:加藤裕啓)と提携し、書籍の預かりサービスを実施しています。

本サービスは、宅配便を活用し、専用ボックス(段ボール)の送付(※2)を受けたお客さまが、書籍等の荷物を封入・送付(※2)した後、荷物を倉庫で保管するというサービスで、個人のお客さまが段ボール一箱からでもご利用いただけるほか、全国どこからでもご利用いただけるところが特徴です。
※2 お客さまには、宅配便に係る費用負担は発生しません。

本サービスでは、当社は、お客さまからの預入れ、返却等の注文の受付けを担い、書店等のパートナー企業が、お客さまに対して、本サービスの利用を促すほか、宅配会社、倉庫会社等とも提携して、本サービスを展開していきます。今後は、提携先を増やし、書籍・書類以外の様々な物品の預かりサービスを展開していく予定です。

【利創庫(risoco)booksの申込み方法】次のURLからアクセス
 株式会社八重洲ブックセンター  リンク
 株式会社三省堂書店       リンク
 株式会社紀伊國屋書店梅田本店  リンク

また、本サービスの本格稼働に伴い、5月7日から「保管料3か月無料キャンペーン」を実施しています。これは、5・6月に倉庫に預け入れられた段ボールを対象に実施しているもので、今回、新たに業務提携する八重洲ブックセンターでも適用されます。


[画像2: リンク ]

【「利創庫books」の概要】
1.名称  利創庫(risoco)books
2.サービス構成
(1)箱保管サービス
大切な本が入った箱を開封することなく、そのままの状態で保管します。
(2)個品保管サービス
本が入った箱を開封し、書名・著者名・出版社を電子データで登録し、お客様ごとの「My Page」で預けた書籍で確認でき、書籍単位での返却も可能です。
また、オプションでフィルムによる本のラッピング(シュリンク)のサービスも行います。
3.価格(税別)
■箱保管サービス
 専用ボックス(1箱):250円
 保管料(1箱・1か月):300円
 取出手数料:800円

■個品保管サービス
 専用ボックス:250円
 保管料(1箱・1か月):300円
 個品登録料(1箱30冊まで):500円
 シュリンク(1箱30冊まで):300円
 取出手数料:800円
 個品取出手数料:120円×冊数+600円

※宅配便料金は不要です。

【利創庫(risoco)booksの申込み方法】次のURLからアクセス
 株式会社八重洲ブックセンター  リンク
 株式会社三省堂書店       リンク
 株式会社紀伊國屋書店梅田本店  リンク


阪神電気鉄道 リンク

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。