logo

「ショップジャパン」を運営するオークローンマーケティング、1000人規模のユニファイドコミュニケーション環境導入により、業務効率の向上とBCP対応の促進を実現

~内線/外線ネットワークをフルIPに移行~

デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:郡 信一郎、以下デル)は、「ショップジャパン」を運営する株式会社オークローンマーケティング(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:ハリー・A・ヒル、以下オークローンマーケティング)が、デルのインフラストラクチャ・コンサルティング・サービスを通じて、「Microsoft(R) Lync(R)」によるユニファイドコミュニケーション基盤構築を図り、社内外のコミュニケーション効率の向上を実現した事例を発表しました。

オークローンマーケティングは1993年の創業以来、長年にわたり「ショップジャパン」ブランドのもと、テレビショッピングをメインに多彩な商品やサービスを提供し市場をリードしてきました。近年では、インターネットの普及による商品ライフサイクルの加速化と販売チャネルの多様化により激化する市場競争を背景に、複合的なチャネルからの販売を展開するオムニチャネル戦略に注力し、テレビショッピングに加え、eコマースや店舗販売、モバイルショッピング、カタログショッピングなどを展開しています。

オークローンマーケティングはオムニチャネル戦略を支えるITインフラの構築を積極的に推進しており、最新のOSやオフィスツールへの導入・移行、社内ポータルの刷新などによりワークスタイルの変革を推進していますが、それ以前にはいくつかの課題を抱えていました。


ユニファイドコミュニケーションの導入に向けたプロジェクトの実行
現在のIT環境の構築を図る前までは、業務で主にデスクトップPCが利用されていたため、社外から社内環境へのアクセスには別のソリューションを使用しなくてはなりませんでした。それが、業務スピードの向上やコミュニケーションの効率化を妨げる一因となっていただけでなく、会議室の不足をIT面で改善できていないという慢性的な課題もありました。

こうした状況を改善するために、オークローンマーケティングは、新たなユニファイドコミュニケーション基盤の導入を決め、「即時性に優れている点」、「プレゼンス機能で連絡したい相手にコンタクト可能かどうか一目でわかる点」、「内線/外線に共通して使える点」などを満たすソリューションとして「Microsoft Lync」に注目しました。

オークローンマーケティング IT ディヴィジョン 次長の勝又章久氏は次のように述べています。
「オムニチャネル戦略を推進する上で、ワークスタイルを変革することは重要かつ、喫緊の課題でした。ビジネスのスピードに対応できる、即時性に富んだコミュニケーションと、いつでも、どこでも仕事ができる環境づくりに、『Microsoft Lync』によるユニファイドコミュニケーション基盤はきわめて有効でした」

Lyncの利用環境を構築するにあたって、デルが有するグローバル規模で培ったLyncなどのユニファイドコミュニケーションに対する豊富な技術や知見、リスクを極力回避した要件定義・設計に基づくコストパフォーマンスの高い見積り提案を評価し、デルのインフラストラクチャ・コンサルティング・サービスを通じた「Microsoft Lync」導入を行いました。

ユニファイドコミュニケーション基盤の導入に際しては、サポート期限の迫っていた「Windows(R) XP+Office 2007」から 「Windows 7+Office 2013」へアップデート、および「Microsoft(R) SharePoint(R)」によるポータルサイトの構築もあわせて進めるなど、いくつもの作業が同時並行で行われました。ここでも、デルが持つ豊富な大規模システムの導入経験や最新のテクノロジー、さらにマイクロソフト製品を使った構築・連携ノウハウを全面的に提供することで、「Microsoft Lync」を始めOSから業務ソフト、ポータルまでのシームレスな連携と最適化を実現しました。

オークローンマーケティングは、「Microsoft Lync」と他のソフトウェアやシステムとの連携にも挑戦しており、勝又氏は「Microsoft Exchangeとの連携によるメール活用の効率化や、DirectAccessとの連携で、社外からの効率良いアクセスを実現しました。またPolycom(R)テレビ会議システムとの連動は、どこからでも『Microsoft Lync』経由でテレビ会議に参加できる、おそらく日本初の試みです」と話しています。


Lyncを中心に大幅なコミュニケーションの効率化と業務品質アップが実現


会議の簡便化と迅速化が実現: Lync会議によって、少人数の会議では物理的な会議室が不要になり、メンバーの招集もMicrosoft Exchange連携などを活用して、必要な時に必要なメンバーをすぐに収集が可能に
プレゼンスの「見える化」: Lyncを使うと社員のプレゼンスが一目で把握できるため、他の社員の在席状況を確認でき、社内を探し回ったり、何度も連絡したりといったタイムロスを削減
画面共有のセキュリティ向上: Lyncに移行後、PCの所有者のアクセス可否を厳格に管理できるようになり、セキュリティが大きく向上
フリーアドレス化で、どこでも質の高い仕事: Lyncの導入に伴ってフリーアドレス化を実現。社内のどこにいても自身のPCからコミュニケーションが可能となり、すべての業務リソースにアクセス可能に
DirectAccess連携で拡がるコミュニケーション: インターネットに接続されていれば、社外からも社内ネットワークに容易に接続し、社内の会議やチャット、内線/外線が利用可能
LyncモバイルによるBCP対応の促進: AndroidとiPhoneをエグゼクティブ全員に配布し、不測の事態や大規模災害の際にも社内にアクセスできる仕組みを提供することでBCP対応を強化



導入システム
サービス: インフラストラクチャ・コンサルティング・サービス

ソフトウェア: Microsoft Lync Server 2013
Microsoft Exchange Server 2010
ユニファイドメッセージング
Microsoft SharePoint Server 2013
Microsoft Office 2013
Polycom会議システム

本事例の詳細は以下をご参照ください。
リンク

*記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。