logo

第8回 聖徳大学心理教育相談所主催講演会「少子高齢化社会と子どもの育ち・おとなの発達 --ワークライフバランスはなぜ重要か--」を開催

聖徳大学 2015年05月21日 08時05分
From Digital PR Platform


聖徳大学(千葉県松戸市、学長:川並弘純)は聖徳大学創立25周年・聖徳大学短期大学部50周年を記念して、第8回 聖徳大学心理教育相談所主催講演会「少子高齢化社会と子どもの育ち・おとなの発達-ワークライフバランスはなぜ重要か-」を開催する。


 「少子高齢化社会」としきりにいわれている。激しい社会の変化は、家族のかたちと機能を否応なく変化させた。その結果、晩婚化、非婚化、離婚増、家庭内暴力、過労死や育児不安など、職場でも家庭でも、男性・女性にさまざまな問題が生じている。

 こうした問題に、私たちはどのように対処すればよいのだろうか。ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の大切さを発達心理学の研究から考えながら、これからの家族、親と子の関係について提案する。

・実施日: 平成27年5月23日(土)
・時 間: 13:00~14:30
・講 師: 柏木惠子(東京女子大学名誉教授、教育学博士)
・会 場: 聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館)  
        千葉県松戸市1169 JR常磐線・新京成線「松戸駅」東口徒歩1分
・定 員: 100名(事前申込不要)
・主 催: 聖徳大学心理教育相談所
・後 援: 松戸市教育委員会、市川市教育委員会、柏市教育委員会、取手市教育委員会
  
▼お問い合わせ
 聖徳大学心理教育相談所
 〒271-8555 千葉県松戸市岩瀬550
 TEL: 047-308-3887(直通)
 リンク

▼聖徳大学の広報に関する問い合わせ
 聖徳大学 総務課 広報渉外グループ(古澤)
 TEL: 047-365-1111(大代) (内線3961)
 FAX: 047-363-1401

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。