logo

面接を終えた後のお手紙

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「面接を終えた後のお手紙」を公開しました。

###

改めまして。吉政創成株式会社の吉政忠志と申します。吉政創成はマーケティングのアウトソーシングの会社ですが、ヒューマンリソシア社で推進していただいているRails技術者認定試験やPHP技術者認定試験の事務局を弊社が受けていることもあり、そのご縁でこのコラムを連載しています。前回は『面接時の勝負。他の方が一般的にやらない王道』 というタイトルで書きましたが、いかがでしたでしょうか?

今回は面接を終えた後に差をつけるお手紙の話をいたします。 過去に社員を雇用するために面接をしたことが何回もあります。その際、ほとんどの方が面接のお礼メールや手紙を書いていません。恐らく、この読者の方もほとんど送られていないのではないでしょうか? お礼メールやお手紙をいただいて、嬉しくない人はいないでしょうし、頂けば面接者に対して印象が良くなります。さらに、面接を受ける方はその会社に入れてほしいというお願いをする立場でもありますし、面接の小一時間では伝わらないこともあります。もっと言えば、面接官は面接者の意気込みなどをすべてメモして、採用稟議に書くことはほとんどできません。 面接終了後に送りしたお礼メールやお手紙が採用稟議に添付されれば、面接官の上長の目にも触れることになります。お礼メールやお手紙に「関係者の皆様にもよろしくお伝えください。」と一言添えればその確率も上がると思うのです。 さて、お礼メールやお手紙を送る方法はどういった方法が良いでしょうか?以下ではその方法を列記します。
1)FacebookなどのSNSでお伝えする
2)ワープロ打ちした手紙を郵送する
3)手書きの手紙を郵送する
4)電子メールで送付する

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。