logo

関数仕様編 その5(参照について その2)

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「関数仕様編 その5(参照について その2)」を公開しました。

###

参照について、の弐回目でございます。
前回書きました「copy-on-write」を加えた、より「正しいところに近い」PHPの変数管理を見ていきたいと思います。
コードは、まず「参照による代入」を、次に「通常の代入」を見ていきます。
「参照による代入」は前回の復習込みなので、前回の話が「バッチグー(死語)」な方は
前半はすっ飛ばしていただいて問題ないです。

$a = 10;
$b = &$a;
$a ++;
$b ++;

このコードを分解していきます。

変数名を管理するテーブル

変数名
値が入っている所の行数


実際の値を管理するテーブル

行数
変数の型



$a = 10;
変数名を管理するテーブル

変数名
値が入っている所の行数

a
1行目


実際の値を管理するテーブル

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。