logo

サウジアラビア総合投資院、早稲田大学にて多様な分野での友好と協調のメッセージを日本人へ送る

サウジアラビア総合投資院 2015年05月20日 16時24分
From Digital PR Platform


サウジアラビア総合投資院(SAUDI ARABIAN GENERAL INVESTMENT AUTHORITY、以下SAGIA)のアブドゥルラティフ・アル・オスマン総裁は東京の早稲田大学にてスピーチを行い、日本とサウジアラビアを結びつける歴史的な関係の深さについて述べました。

アル・オスマン総裁は、サウジアラビアにおける日本の文化的、政治的、経済的役割や、特にサウジアラビアにとって見本となる日本の教育システムについて述べ、サウジアラビアにおける日本企業の投資機会を強調しました幅広い投資機会により、国際的な企業にとってサウジアラビアは理想的な目的地であるとともに、この地域のマーケットにアクセスするための重要なスターティングポイントになり得ます。

サウジアラビアは比較的若い国であることに加え、教育水準の高い労働者と先進のナレッジテクノロジーにより成長しています。アル・オスマン総裁は、未来の転換点を生む共通の文化的な原理を強調してスピーチを締めくくりました。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。