logo

【ミマキエンジニアリング】3Dプリンタ事業への参入と出力サービスの開始のお知らせ

株式会社ミマキエンジニアリング 2015年05月20日 15時10分
From 共同通信PRワイヤー

2015年5月20日

株式会社ミマキエンジニアリング

3Dプリンタ事業への参入と出力サービスの開始

株式会社ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、取締役社長/小林 久之)は、3Dプリンタ事業に参入いたします。事業の第一弾として、自社開発のフルカラー3Dプリンタを使用し、当社連結子会社の株式会社グラフィッククリエーション(本社/長野県東御市、取締役社長/松永 信隆、以下GCC)におきまして、フルカラー造形物の出力サービスを開始いたします。

現在、モックアップサンプルやフィギュア、部品の製造、医療、航空・宇宙分野等に各種方式の3Dプリンタが幅広く使用されており、今後も市場の拡大が見込まれております。このうち、フルカラー造形が可能な3Dプリンタは主に粉末石膏造形方式がありますが、500万~600万色の色表現にとどまっているのが現状です。当社開発の3Dプリンタは、当社インクジェットプリンタ技術を活かしたフルカラーUV硬化インクジェット方式です。4色のUV硬化インクを搭載し、世界で初めて約1,000万色のフルカラー造形を可能にしました。独自開発の技術により4色のカラーインクで造形することで、これまでにない色鮮やかで美しいフルカラー造形を実現します。

この度、当社では3Dプリンタの発売に先駆けてこれまでにない色鮮やかな3Dプリントを体験していただくためにGCCで出力サービスを開始いたします。


◎3D出力サービスの概要
■当社で開発中のフルカラーUVインクジェットタイプ3Dプリンタ(製品発売時期:未定)
 ・カラーUV硬化インクによる約1,000万色の色鮮やかなフルカラー造形が可能
 ・高い色再現性で写真データも美しい仕上がりに

■サービス開始
 2015年8月1日を予定

■料金
 個別に承りますので、下記のGCC問合せ先までご照会ください。


■株式会社ミマキエンジニアリングについて
 株式会社ミマキエンジニアリングは、業務用インクジェットプリンタ、カッティングプロッタ及びインク等の開発・製造・販売・保守サービスを一貫して行う開発型企業として、「新しさと違い」にこだわり、常に先進性と独自性のある製品を提供しております。販売市場は、広告・看板等の製作用途のSG(サイングラフィックス)市場、工業製品や一般消費者向け商品等の加飾用途のIP(インダストリアルプロダクツ)市場、衣料品や布地等への捺染用途のTA(テキスタイル・アパレル)市場の3つであり、連結売上高の約75%を海外で獲得するグローバルな事業展開を行っております。当社が他に先駆けて提案してきたインクジェットプリンタによるデジタル・オンデマンド生産は、産業界でニーズが高まりつつある多品種少量生産を低コストかつクリーンに実現できることから、その利用領域が全世界的に急拡大しております。当社は、市場に存する多様なニーズを迅速かつ的確に捉え、そこに狙いを絞った製品を素早く提供することで、今後もデジタル・オンデマンド生産のマーケットリーダーとして新たな市場と顧客を創出してまいります。

当社Webサイト
リンク

※記載の内容は、技術改善等により予告なく変更する場合があります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。