logo

デロイトコンサルティングが事業変革サービスにおいてディメンションデータのクラウドを選定

株式会社ディメンションデータジャパン 2015年05月20日 11時00分
From DreamNews

デロイトコンサルティングが事業変革サービスにおいてディメンションデータのクラウドを選定
~ディメンションデータのMCPとデロイトの事業変革ソリューションの組み合わせにより、顧客はITの調整を業績に結び付けることが可能に~

67億米ドルの世界的なICTソリューション/サービス提供企業のディメンションデータは5月19日、デロイトコンサルティングが事業変革のためのエンタープライズアプリケーションと分析ワークロードの提供で、ディメンションデータをクラウドサービスプロバイダーとして選定し、ディメンションデータのマネージドクラウドプラットフォーム(MCP)をインフラストラクチャー・アズ・ア・サービスとして選択したと発表しました。

その結果、ディメンションデータが、共有資源またはプライベートクラウドとしてITaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)を提供・管理することで、デロイトはマネージドアナリティクスやSAPアプリケーションなどのソリューションを、5大陸の多国籍企業に提供できるようになります。

デロイトは、ディメンションデータのパブリック、プライベート、ハイブリッドのクラウドモデルから選択し、適切なクラウドを適切なアプリケーションやワークロードに柔軟に適合させることができます。このため顧客は、一貫性のある性能と可用性、世界レベルの接続性とセキュリティーがもたらす利便性を、あらゆるプラットフォーム上の消費モデルの下で獲得できます。

ディメンションデータのITaaS事業部門研究開発担当シニアバイスプレジデントのシェリー・ペリーは、次のように述べています。「ディメンションデータのMCPとデロイトの事業変革ソリューションの組み合わせにより、顧客はITの調整を業績に結び付けることができます。当社はハイブリッドクラウド戦略を実現するために、EMCフェデレーションやシスコといった企業の新しい先進技術に投資しています。エンタープライズアプリケーションをとりまとめ、顧客が必要とするサービスや機能をすべてクラウドへ移行することで、IT変革を簡素化しています。」

デロイトコンサルティングのプリンシパルを務めるポール・ローマ氏は、次のように語っています。「市場では、一般的な低コストのクラウドコンピューティングから、各社に適合させた企業向けクラウドソリューションへと、利用者の急速なシフトが進んでいます。デロイトのエンタープライズ製品、マネージドアナリティクス、そして事業変革に関する専門力に、ディメンションデータのハイブリッドクラウドプラットフォームと、EMCと歩調を合わせた同社技術が組み合わさることで、顧客は自信を持って迅速に前進できるようになります。ディメンションデータを通じて直ちに取り組む本格展開では、当社のエンタープライズ製品とマネージドアナリティクス事業を総動員します。」

<ディメンションデータについて>
ディメンションデータは、1983年に設立されたICTサービスとソリューションのプロバイダーです。お客様のビジネス課題を迅速に解決するため、専門技術とグローバルサービス網を駆使し起業家精神をもってお手伝いします。ディメンションデータはNTTグループの一員です。詳細はwww.dimensiondata.comをご覧ください。
本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ディメンションデータジャパン
コーポレートコミュニケーション&ブランドマネージメント本部
高山 直子
TEL:03-6746-2230
E-mail:naoko.takayama@dimensiondata.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。