logo

空港の出発ロビーがかつて見たことのないスケールで60年の歴史に包まれる!

日本空港ビルデング株式会社 2015年05月20日 11時01分
From 共同通信PRワイヤー

2015年5月20日

日本空港ビルデング株式会社

空港の出発ロビーがかつて見たことのないスケールで60年の歴史に包まれる!
- 羽田空港ターミナル60周年展を開催 -

 日本空港ビルデング株式会社(東京都大田区)は、5月20日の羽田空港旅客ターミナルビル開館60周年を記念して、羽田空港第1旅客ターミナルビルおよび第2旅客ターミナルビルの出発ロビーを舞台に、総面積2,165.54m2、総写真点数498枚という国内最大級の空港写真展を行います。
 1955年の開館以来、60年もの歴史を重ねる羽田空港旅客ターミナルビルのこれまでの活動風景を、施設の高さや広さを活かしながら見上げるようなスケールで、どなたでも無料でご覧頂けます。

 施設内では、戦後間もない頃、日本に返還された東京羽田の地に、空港ターミナルを作って飛行機を飛ばすために奔走した人々の姿や数多くの挑戦を振り返るとともに、今後100周年、そしてその先に向けても「前例にはない、でも、未来にとってはきっと “ あたりまえ” のものを生み出し続けること」をテーマに展示を展開していきます。
 展示スペースは、出発ロビーや周辺のエスカレーターを中心に展開しますので、搭乗されるお客さまはもちろんのこと搭乗のないお客さまでもどなたでもご覧頂くことが可能です。美術館を訪れるような気軽な気持ちで、皆さまのお越しをお待ちしています。

- 羽田空港旅客ターミナルビル60周年展とは -
羽田空港旅客ターミナルビル開館60周年をきっかけとした超大型規模の写真展です。1955年の開館当時だけでなく、1960年代、70年代、80年代、90年代、2000年代から現在までの姿を、総面積2,165.54m2、総点数498枚(重複有)の写真で蘇らせる、空港施設内の写真展としては国内最大規模の写真展です。今となっては世の中の記憶から消えかけているような羽田空港の姿を、日本空港ビルデング(株)等が保有するこれまでの羽田空港の写真3万点以上の中から選りすぐった、そしてこれまで非公開の写真等も含む、期間限定の特別な写真展です。総面積2,165.54m2はジャンボ機の翼(541m2)約4機分に相当致します。

- 展示内容 -
1. 第1旅客ターミナルビル - JAL/SKY/SFJ北九州空港行き
エスカレーター脇では年表的に開館から60年分の多くの写真を展示、出発ロビーでは、屋上で行われていた「盆踊り」や出発間際の「別れの窓」など、横幅15m以上のワイドなサイズで情緒ある写真等を数多く展示しています。

2. 第2旅客ターミナルビル - ANA/ADO/SNA/SFJ福岡・山口宇部・関西空港行き
エスカレーター上のラウンド形状のガラス面では年表的に多くの写真を展示、第1旅客ターミナルビルと同様に、出発ロビーでも展望デッキでのYS-11展示の設置風景など新しいことに挑戦している数多くの写真をご覧頂けます。

3. リーフレット - 各年代で最も代表的な写真を中心に60年の歴史で構成しています。
数に限りがございますので配布部数がなくなり次第終了いたします。

- 鑑賞の仕方 -
各出発ロビーへのエスカレーター→各出発ロビー。
第1旅客ターミナルビル、第2旅客ターミナルビル全体を鑑賞するための所要時間は約50分。羽田空港第1・第2旅客ターミナルビルともに無料で鑑賞できます。

- 羽田空港旅客ターミナルビル開館60周年記念WEBサイト -
空港への来場が難しいお客さまにもご覧頂けるよう、今回の60周年を記念して、PCやスマホなどWEBサイト上でもバーチャル写真展を以下ご提供させて頂きます。
URL: www.haneda-terminal60th.jp

- 日本空港ビルデング株式会社とは -
1953年7月20日に設立された羽田空港における旅客ターミナルビルを建設・管理運営する空港機能施設事業者です。

以 上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。