logo

「こんなものにワイヤレス給電できたらいいな」を募集  Qi(チー)ワイヤレスパワーアイデアコンテスト開催

ワイヤレスパワーコンソーシアム 2015年05月20日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年5月20日

ワイヤレスパワーコンソーシアム
Wireless Power Consortium リンク

「こんなものにワイヤレス給電できたらいいな」を募集
第一回 Qi(チー)ワイヤレスパワーアイデアコンテスト開催
◇ 募集は2015年5月20日~7月10日まで ◇

ワイヤレス給電世界標準規格「Qi(チー)」の策定と普及を進める「ワイヤレスパワーコンソーシアム」(事務局:米国ニュージャージー州ピスカタウェイ、IEEE-ISTO内)は、「第一回 Qi(チー)ワイヤレスパワーアイデアコンテスト リンク」を開催いたします。

「ワイヤレスパワーコンソーシアム」(Wireless Power Consortium:WPC)は、電子機器の無接点充電互換性に関する国際規格である「Qi(チー)」の策定と普及推進を行う国際団体で、2008年12月に設立されました。世界200社以上の企業で構成されており、携帯電話、家電製品、電池、半導体、部品、ワイヤレスパワー技術、ならびにワイヤレス事業者、家具、自動車部品メーカー等のインフラ分野の業界リーダーが含まれています。なお、Qi製品は米国、アジア太平洋地域、欧州で市販されています。リンク

「第一回 Qi(チー)ワイヤレスパワーアイデアコンテスト リンク」は、より多くの方にワイヤレスパワーに関心を持っていただくことを目的に、新しい給電方式である「非接触体での給電」を身近にするアイデアを共有し、未来のライフスタイル実現に向けて共に実践していこうというもので、募集期間は2015年5月20日~7月10日となっています。

募集部門は、「アイデア部門」と「アイデア+製作部門」の2つ。「アイデア部門」は、ワイヤレス給電ができたらいいなと思う製品のアイデアをイラストや写真、文章で表現していただき、アイデアの独創性・新規性を審査いたします。また、「アイデア+製作部門」では、第一次選考通過者に無償提供される給電・受電モジュールを使って、アイデア作品を実際に製作していただきます。アイデアの独創性・新規性に加えて、実現性を重視して審査します。

入賞作品は、アジア最大級の規模を誇る映像・情報・通信の国際展示会である「CEATEC JAPAN 2015」(2015年10月)にて展示デモンストレーションを行います。また、10月10日には「CEATEC JAPAN 2015」のオープンステージで表彰式と、審査員による作品講評を行います。


【コンテストの概要】

■応募資格
プロ・アマチュアを問わず、年齢、性別、職業などの制限はありません(グループの場合は10名以内)。参加費は無料です。

■募集内容
「ワイヤレス給電ができたらいいな」と思う製品のアイデアを、イラストや写真、文章で自由に表現してください。(一人3点まで応募可能)

[アイデア部門]
応募締切:2015年7月10日(金)必着

書面上での応募・審査を行い、優秀作品については CEATEC2015で作品のパネル掲示、また優秀作品の中で実機製作可能なものは製作チームで実機を製作しCEATEC展示ブースにて展示デモの可能性もあります。

[アイデア+製作部門]
-- 第一次選考 --
応募締切:2015年7月10日(金)必着

書面上での応募・審査を行い、一次選考通過者にはワイヤレス送受電モジュールを無償提供(郵送)し、二次選考へ進んで頂きます。

-- 第二次選考 --
応募締切:2015年8月31日(月)必着

提供されたモジュールを用いて実機製作を行い、作品の動作状況を納めた動画、もしくは動画と併せて実機の提出を行って頂きます。

作品の完成度および動作状況を審査いたします。
優秀入賞作品は、「CEATEC JAPAN 2015」にて展示デモンストレーションを行います

■審査
ゲスト審査員に、CQ出版株式会社 トランジスタ技術 編集長 寺前裕司氏をお迎えするほか、WPC メンバー社より選出した審査員により応募作品の審査を行います。受賞作品 のうち、特に優良な作品については講評を付与致します。

■審査発表
[アイデア部門]  8月1日(土)、コンテストWebサイトで発表

[アイデア+製作部門] 第一次選考:8月1日(土)、コンテストWebサイトで発表
            第二次選考:10月1日(木)、コンテストWebサイトで発表

10月10日(土)には「CEATEC JAPAN 2015」のオープンステージで表彰式と、審査員による作品講評を行います。

■各賞
最優秀賞、特別賞(トランジスタ技術賞)、企業賞(東芝賞、日本テキサス・インスツルメンツ賞、日立マクセル賞、フィリップス賞、TDK賞、ROHM賞、UL Japan賞)、他を選出、副賞と共に授与します。

■コンテスト専用WEBサイト

リンク

■協賛

CQ出版株式会社

株式会社 東芝
日本テキサス・インスツルメンツ株式会社
株式会社 フィリップス エレクトロニクス ジャパン
日立マクセル株式会社
ローム株式会社
TDK株式会社
株式会社UL Japan



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。