logo

楽天トラベル、「埼玉県を旅した人が選ぶ!埼玉県・旅めしランキング」を発表

‐ 1位に輝いたのは「とり」を使わないB級グルメ「やきとり」 -

楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)は、旅行予約サイト「楽天トラベル」( リンク )にて、埼玉県に宿泊したお客様に向けたアンケートを実施(※1)し、回答結果を元に「埼玉県を旅した人が選ぶ!埼玉県・旅めしランキング」を発表いたしました。



「埼玉県を旅した人が選ぶ!埼玉県・旅めしランキング」
ランキングの詳細は以下URLをご参照ください。
リンク


[画像1: リンク ]



[表: リンク ]



 昨年「細川紙」が「和紙(日本の手漉和紙技術)」として、ユネスコ無形文化遺産へ登録され注目を集めた埼玉県。小江戸川越や自然豊かな秩父・長瀞、また県内には川越氷川神社など多数のパワースポットが点在しており、都内から近い観光スポットになっています。そんな埼玉の旅めし1位に輝いたのは、埼玉B級ご当地グルメの「やきとり(やきとん)」となりました。特に有名なのが東松山市の「やきとり」。一般的に「やきとり」というと鶏肉を想像しますが、東松山市の「やきとり」は豚のカシラ肉を使うのが特徴です。炭火で丹念に焼きあげ、辛いみそだれをつけて食べる東松山独自のスタイルは、昭和30年代に誕生し今もなお根強い人気を保っています。東武東上線東松山駅を中心に約100軒のお店で楽しめるので、埼玉旅行の夜は焼き鳥屋巡りを観光コースに入れるのもおすすめです。

[画像2: リンク ]



 2位には小江戸川越の名物「芋料理」がランクインしました。昔は地元で収穫したさつまいもを庶民のおやつとして食していましたが、現在ではお饅頭やドラ焼き・プリン・パンケーキ・ソフトクリームなど、多種多様なお芋スイーツを楽しむ事ができ、今では川越のおしゃれなスイーツとして人気を集めています。

[画像3: リンク ]



 3位に選ばれた「浦和のうなぎ」は二百年来の味を引き継ぐ伝統グルメとして、今では「さいたま市伝統産業」に指定されています。江戸時代、浦和近郊には多くの沼地が存在し、魚釣りなどを楽しむ行楽客や、中山道を行き交う人々にうなぎを提供し評判になったのが始まりと言われています。現在も浦和区を中心に、「裂き」「串打ち」「焼き」「たれ」など江戸時代の伝統技術を現代に継承する老舗が軒を連ね、本場のうなぎを堪能することができます。

「埼玉県を旅した人が選ぶ!埼玉県・旅めしランキング」は以下URLからもご覧いただけます。
リンク

■北海道
【北海道編】リンク

■東北
【青森県編】リンク
【秋田県編】リンク
【岩手県編】リンク
【宮城県編】リンク
【山形県編】リンク
【福島県編】リンク

■北関東
【茨城県編】リンク
【栃木県編】リンク
【群馬県編】リンク

次回は、東京都編をご紹介いたします。


※1 抽出条件
【アンケート期間】2015年3月26日~3月30日
【実施方法】2014年2月28日~2015年2月28日の期間中、「楽天トラベル」にて埼玉県の宿泊施設に宿泊したお客様(埼玉県居住者は除く)を対象にメールアンケートを実施、投票総数327票の結果をもとにランキングを算出しています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。