logo

パソコン、サーバーの先進的なセキュリティ対策「Traps」の取り扱いを開始

― アンチウイルスソフトの弱点を克服する、革新的なセキュリティ対策 ―

テクマトリックスは、高度なサイバー攻撃から企業/組織のパソコンやサーバーを守るパロアルトネットワークスの先進のセキュリティ対策、「Traps(トラップス)」の販売代理店契約を締結、本日より発売を開始します。
「Traps」は、従来のサイバー攻撃は勿論、これまでのソリューションでは防ぐことができない高度な攻撃や標的型攻撃も阻止する革新的な機能を備えています。プログラムが動作する一連のプロセスの中に含まれるエクスプロイト(脆弱性攻撃)に「トラップ(罠)」を仕掛けてその根幹テクニックを封じ込め、悪意のある活動が動作する前に攻撃を阻止します。これにより、「Traps」はアプリケーションに依存せず、サードパーティが開発したものを含め全てのアプリケーションに対する攻撃を防御します。
テクマトリックスは、パロアルトネットワークスの「次世代ファイアウォール」と「WildFire」に「Traps」を加えた3つのセキュリティ対策で、企業や組織のサイバーセキュリティを堅牢化させます。
テクマトリックスは、「Traps」について初年度(2015年度)100,000ライセンスの販売を目標としています。



テクマトリックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:由利 孝、以下「テクマトリックス」)は、高度なサイバー攻撃から企業/組織のパソコンやサーバーを守るパロアルトネットワークス合同会社(本社:東京都千代田区、代表執行役員社長:アリイ ヒロシ、以下「パロアルトネットワークス」)の先進のセキュリティ対策、アドバンスト エンドポイント プロテクション「Traps(トラップス)」の販売代理店契約を締結し、本日より発売を開始します。

昨今のサイバー犯罪は、その攻撃手法が日々巧妙化、高度化しています。攻撃はウェブやEメール、外部ストレージなどさまざまな方面から多様な形式で行われます。最新の標的型攻撃は、無害にみえるデータファイルを正規のアプリケーションで開くことにより始まるものもあります。
脆弱性を突く攻撃で「エクスプロイト」として知られる悪意あるコードは、Microsoft Word形式やPDFファイルなどに埋め込まれています。こうしたエクスプロイトは、ソフトウェアの脆弱性を突くことにより、攻撃者にデバイスの制御を乗っ取ることを可能にさせます。攻撃には一般的に使われているデータファイル形式が使われるだけでなく、様々な産業分野で使われている専門的なソフトウェアを狙うよう個別でカスタマイズされたものもあります。
このようなパソコンやサーバーのセキュリティ対策には、アンチウイルスソフトを中心とした既知の攻撃パターンを識別して防御をする手法が一般的です。しかし、この方法では標的型攻撃のような未知の攻撃への対抗が困難なため、サイバー犯罪による情報漏えい事件が後を絶ちません。

パロアルトネットワークスのアドバンスト エンドポイント プロテクションTrapsは、従来のサイバー攻撃はもちろん、これまでのソリューションでは防ぐことができない高度な攻撃や標的型攻撃も阻止することができる革新的な機能を実装しています。
Trapsは、膨大な数の攻撃を個別に識別したり、検出できない恐れのある悪意のある動作を検出し見つけたりしようとするのではなく、すべての攻撃者が攻撃を実行するために組み込む必要のあるプログラミング上の根幹テクニックに着目しています。プログラムが動作する一連のプロセスの中に含まれるエクスプロイト(脆弱性攻撃)に「トラップ(罠)」を仕掛けてその根幹テクニックを封じ込めることで、Trapsは悪意のある活動が動作する前に攻撃を阻止することができます。
このユニークなアプローチにより、Trapsはアプリケーションに依存せず、サードパーティが開発したものを含めてすべてのアプリケーションに対する攻撃を防御します。

【Trapsの特徴】
1.エクスプロイト防御
ゼロデイ脆弱性を含むエクスプロイトをブロック

2.マルウェア防御
未知・既知を含む幅広いマルウェアをブロック

3.フォレンジックデータの収集
攻撃を受けた際の分析に必要なデータを保存

4.シンプル、軽い
パターンファイルを必要としないためCPU/メモリのリソース消費が少ない

5.ネットワークおよびクラウドとの連携
脅威情報を交換することにより統合的なセキュリティを実現

テクマトリックスは、これまでもパロアルトネットワークスと販売代理店契約を締結しており、パロアルトネットワークスの「次世代ファイアウォール」と「WildFire」を公共、製造、金融など様々な業種に販売、導入してきた国内トップクラスの実績を誇ります。アドバンスト エンドポイント セキュリティの「Traps」を加えた3つのセキュリティ対策ソリューションへの拡張により、エンドポイント防御も含めたプラットフォームとしての性能を全面的に高め、企業や組織のサイバーセキュリティを堅牢化させます。


[画像: リンク ]



【今後の展開について】
テクマトリックスでは、Trapsについて初年度(2015年度)100,000ライセンスの販売を目標としています。

本サービスのリリースに際し、パロアルトネットワークス合同会社様よりエンドースメントのお言葉を頂戴しております。

【パロアルトネットワークス合同会社様からのエンドースメント】
パロアルトネットワークス合同会社は、テクマトリックス様と協力してTrapsを日本国内に提供できることを、心より喜ばしく思います。今日もエンドポイントは危険にさらされており、従来のエンドポイント向けセキュリティ技術による防御では不十分です。企業は情報漏えい対策を取るべき際に、望まないパッチの適応、マルウェアの検知、プログラムの修正、システムの再構築などに時間を奪われています。Trapsは、未知のマルウェアやゼロデイ攻撃の被害を主体的に回避する強力なツールです。

パロアルトネットワークス合同会社
代表執行役員会長兼社長 アリイ ヒロシ様

【展示会のご案内】
2015年6月10日(水)から3日間、幕張メッセで開催される国内最大級のICTテクノロジーイベント「Interop Tokyo 2015」にて、パロアルトネットワークスブースに協賛出展します。ブースでは、テクマトリックスコーナーを設けTrapsのソリューションをご紹介する他、ステージプレゼンテーションでもTrapsを詳しくご説明します。是非ご来場の上ブースにお立ち寄りください。

Interop Tokyo 2015
会期:2015年6月10日(水)~12日(金)
会場:幕張メッセ

詳しい出展情報はこちら
リンク


【テクマトリックスについて】
テクマトリックス(東証一部:3762)は、ICT 分野において、最先端の製品とソリューションを提供する総合的なソリューション・プロバイダです。ネットワーク、インターネット、セキュリティ、データベース、ソフトウェア品質管理等の分野の製品を海外より輸入し、日本国内に提供するためのローカライゼーション、コンサルティング、技術サポート、教育など様々な付加価値を付けてご提供します。また、これらの技術を駆使し、金融分野、通信分野、エレクトロニック・コマース分野において、お客様のニーズに適合したソリューションの提供、インテグレーション、システムの受託開発などのサービス提供、さらには、コールセンターシステム、医用画像システム等の自社製品の開発も行なっています。


※ 本原稿に記載されている社名及び製品名等は、各社の商標または登録商標です。

以上

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。