logo

昇華転写インクジェットプリンタ『TS300P-1800』販売開始のお知らせ

株式会社ミマキエンジニアリング 2015年05月18日 15時10分
From 共同通信PRワイヤー

2015年5月18日

株式会社ミマキエンジニアリング

プロダクションモデル昇華転写インクジェットプリンタ
TS300P-1800販売開始のお知らせ

 株式会社ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、代表取締役社長/小林 久之)は、テキスタイル・アパレル向け1.8m Roll to Roll水性昇華転写用インクジェットプリンタ「TS300P-1800」の販売を2015年7月より開始いたします。
近年、テキスタイル・アパレル市場では、版を使った従来のアナログ印刷から、版が必要ないデジタルプリントへの移行が進んでおります。市場のニーズを即座に反映した短納期・少量多品種のオンデマンド生産が可能なデジタル化の流れが今後さらに加速すると当社は考えております。1998年から20年近くテキスタイル用インクジェットプリンタの開発・製造を行い、これまでに20機種以上を世に送り出してきた業界のパイオニアである当社のテキスタイル用インクジェットプリンタは、世界中のファッション、スポーツ、インテリア、ソフトサインと言ったテキスタイル市場の最前線で選ばれご好評をいただいております。その開発史の中で画質の美しさ、プリントの速さを常に追求してまいりました。

従来の昇華転写プリンタではコックリング(※1)が発生しやすい安価な薄い転写紙を使用する際には、プリントヘッドとコックリングした部分が接触しないようにヘッドギャップを高くする必要がありました。ヘッドギャップを高くすると着弾精度が落ち、高画質でのプリントが行えません。しかし、『TS300P-1800』は吐出するインクのスピードを速くし直進性を高める新型ヘッドを搭載。安価な薄い転写紙を使用する際にヘッドギャップを高くしても着弾精度を落とさず高画質でのプリントが可能です。また、新開発の『Sb410』は低価格ながら当社のインク技術を満載した高機能昇華転写用インクです。バルクインクシステム『MBIS3』を標準搭載し2Lのアルミパックで供給することでコストダウンとインク交換頻度を減少させます。

『TS300P-1800』は、市場で求められる美しいプリントと、生産性を高めるプリント速度を実現しているのはもちろん、マシン機能、プリント技術、インク技術からランニングコストの削減を提案する“次世代昇華転写用インクジェットプリンタ”です。

※1:コックリング:インクを吸った転写紙が波打つ現象。ヘッドギャップが低いと転写紙とヘッドが干渉してプリント不良、ノズル抜け等の原因になる。

概 要
■ランニングコスト削減ソリューション
 ●コックリング緩和搬送機構&新型ヘッド
  ・コックリングの発生を緩和する搬送機構を搭載。
  ・ハイギャップでプリントが可能な新型ヘッドを搭載し、コックリングが発生しやすい薄く安価な転写紙などへの
   高画質プリントを実現しました。

 ●低価格・高機能インク『Sb410』
  ・低価格ながら当社のインク技術を満載した高機能昇華転写用インクです。
   少ないインク量で高濃度にプリント可能でインクの容量を押さえランニングコストの削減を行います。

■美しさを追求するMimakiのプリント技術
  ・美しいプリントを実現する波形コントロール技術
  ・バンディング、色ムラを軽減し、安定した高画質プリントを維持する『MAPS4』

■最大115m2/hの高速印刷で高い生産性を実現
  ・4色インクセットで最大115m2/h(※2)、6色インクセットでも最大65m2/h(※3)の高速プリントを実現。
   ※2:115m2/h:4色ドラフトモード 360×360dpi 1P  ※3:65m2/h:6色ドラフトモード 360×360dpi 2Pの場合

■「仕事を止めない」連続運転ソリューション
  ・『NCU』がノズル抜けの検出からクリーニングを自動で行います。クリーニングでも復旧しない場合は
   『NRS』が自動で代替ノズルを設定してプリントを再開します。ノズル抜けによるメディアのロスを最少に
   抑え、高品質での生産を自動で継続します。
  ・2L大容量インクパックを使用するインクバルクシステム『MBIS3』を標準搭載。長時間の連続運転が可能です。

■高機能RIPソフトウエア『TxLink3 Lite』
  ・ラスター・ベクターデータ、RGB・CMYKの色置換も簡単。カラーバリエーションの展開がRIPで簡単に行えます。
  ・多彩な色置換機能で簡単に思い通りの色味の再現が可能
   ※購入時に『TxLink3 Lite』『RasterLink6』どちらを標準添付するかお選びいただけます。

製品詳細
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。