logo

NantWorks傘下のNantPharmaがSorrentoのがん治療薬Cynviloqを約13億ドルで取得

Sorrento Therapeutics, Inc. 2015年05月18日 14時57分
From 共同通信PRワイヤー

NantWorks傘下のNantPharmaがSorrentoのがん治療薬Cynviloqを約13億ドルで取得

AsiaNet 60518 (0656)

【サンディエゴ(米カリフォルニア州)2015年5月15日PRN=共同通信JBN】
*9000万ドル余りの前払いと12億ドル余りのマイルストーンペイメント
*SorrentoはCynviloq(TM)の共同開発と共同マーケティングの両方もしくはいずれか一方の選択肢を保持

Sorrento Therapeutics, Inc.(NASDAQ: SRNE)は15日、パトリック・スン・シオン博士が創設し、NantWorksの企業エコシステム傘下企業であるNantPharmaが、生物学的同等試験でCynviloq(パクリタキセル高分子ミセル)を開発したSorrentoの全額出資子会社Igdrasol, Inc.の買収を通じてCynviloqの権利を取得することに合意したと発表した。スン・シオン博士はAbraxis BioScienceの創業者であり、現在乳がん、肺がん、膵臓(すいぞう)がんの治療薬として承認されている画期的新薬アブラキサン(R)(Abraxane、アルブミン結合パクリタキセル)の発明者、開発者であった。Sorrentoは契約の下で、現金9000万ドル余りの前払いに加えて、それぞれ6億ドル余りの承認申請および販売時のマイルストーンペイメントを受け取る。Sorrentoはさらに、交渉の条件に基づいてCynviloqの共同開発および共同販促マーケティングの双方、またはいずれか一方のオプションを持つ。

 Logo -リンク

Sorrentoの社長兼最高経営責任者(CEO)であるヘンリー・ジー博士は「われわれはCynviloqの最近のTRIBECA(TM)研究結果を大いに喜んでおり、スン・シオン博士とそのNantPharma経営陣がCynviloqをさらに多くのがん症例に広げるとともに、それをSorrento製品パイプラインの免疫調節抗体と細胞療法と結びつける計画に興奮している。今回の主要取引は、迅速、効果的に必要としている患者に革新的治療法をもたらすというSorrentoの使命を強化する。それによって当社のリードプログラムを主要な抗がん剤を開発、発売するための経験、コミットメント、リソースを持つ開発チームの手に移せる。この取引は当社が先に行ったIgdrasol買収を有効にするとともに、大きな財務上の利益をもたらすだけでなく、長期的に見て株主により多くの利益を提供する可能性がある。Sorrentoはさらに先を見通して、真に革新的な免疫腫瘍学と細胞療法に注力する計画であり、今後ますます盛んになる免疫療法分野のリーダーとしての当社の立場を強化することになる」と語った。

スン・シオン博士は「精度の高い個別化がん療法は、化学療法、免疫療法、養子細胞免疫療法、さらにNantWorksが開発しているゲノミクス、プロテオミクスなどを含む次世代個別化医療技術が関係する多角的な治療アプローチを必要とする。われわれは重要な医療上満たされていない領域である併用療法を含めて、新しいがん治療法の開発に大きなリソースを投入している。化学療法は免疫療法、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)と結合する重要な支柱であり、この有効な医薬品の低用量持続化学療法を開発する機会は、今日われわれが知っているがん療法を変革する重要な1歩となる」と語った。

▽Sorrento Therapeutics, Inc.について
Sorrentoはがんと関連する苦痛に対する新しい治療法を開発している腫瘍薬会社である、SorrentoはCynviloqに加えて、難治性の痛みに苦しむ末期がん患者を治療するため、米国立衛生研究所(NIH)で進行中の第1/2相試験で非麻薬系のTRPV1アゴニストである臨床段階資産のレシニフェラトキシン(RTX)を所有している。

SorrentoおよびNantWorksは2014年12月、がんの免疫療法に注力するため、現在はNantibodyと呼称する世界的な合弁事業を結成した。Sorrento およびナチュラルキラー(NK)細胞に基づく治療法である特許薬Neukoplast(R)を開発している株式非上場免疫腫瘍会社であるConkwest, Inc.はまた2014年12月、がんと感染症を治療するCAR.TNK(TM)(キメラ抗原受容体-腫瘍攻撃Neukoplast)免疫療法を共同開発する契約を結んだ。Sorrentoは2015年3月、腫瘍ネオエピトープ(tumor neo-epitopes)に対する免疫療法を発見、開発するため、NantWorksの傘下企業であるNantCellとの世界的コラボレーションに入った。

▽NantWorksについて
NantWorks, LLCは著名な医学者兼科学者であり、初のヒト・ナノ粒子パクリタキセル剤アブラキサン(R)(Abraxane)の発明者のパトリック・スン・シオン博士によって創設され、NantHealth、NantMobile、NantMedia、NantOmics、NantBioScience、NantCell、NantPharma、NantCapital、NantCloudなど事業体の母体企業である。NantWorksの部門別事業体はそれぞれ事実を基礎としたソリューションを求めて、イノベーションとインフラストラクチャーのつながりで事業を展開している。NantWorksの中核ミッションはコンバージェンス(収束)であり、イノベーションを加速し、科学上の発見の展望を広げ、画期的な研究を強化し、必要とする人々に対するヘルスケア療法を向上するさまざまな領域のテクノロジーを開発、提供することである。NantWorksは医療提供に事実に基づき、遺伝子情報を精通し、個人化したアプローチを構築し、次世代の診断と治療を開発中である。

Cynviloq(TM)、TRIBECA(TM)、CAR.TNK(TM)およびSorrento logoはSorrento
Therapeutics, Inc.の商標である。その他すべての商標はそれぞれの所有者の資産である。

ソース:Sorrento Therapeutics, Inc.

▽問い合わせ先
Mr. George Uy,
EVP & Chief Commercial Officer, Sorrento Therapeutics,
Inc., guy@sorrentotherapeutics.com,
+ 1 (661) 607-4057

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。