logo

PureCircleが日本で開催されるifia 2015で最新のStevia 3.0を紹介

PureCircle 2015年05月18日 14時17分
From 共同通信PRワイヤー

PureCircleが日本で開催されるifia 2015で最新のStevia 3.0を紹介

AsiaNet 60504

PureCircleが日本で開催されるifia 2015で最新のStevia 3.0を紹介

【東京2015年5月15日PRN】 高品質ステビア製品の世界No.1メーカーであるPureCircleは、2015年5月20日(水)-22日(金)に東京ビッグサイト西ホールで開催される第20回国際食品素材/添加物展・会議(International Food Ingredients & Additives Exhibition and Conference、ifia 2015)に出展し、最新のStevia 3.0(TM)を紹介する。

PureCircle Stevia 3.0(TM)は、PureCircleの革新的な技術によってRebAに他のステビア成分を組み合わせ、更にその機能を高めるもので、甘味質の改善、製品に使用する砂糖の量を減らすことによる低カロリー化を実現している。PureCircleは、ifia2015でPureCircle Stevia 3.0(TM)のユーザー毎にカスタム対応するコンセプト、製造コスト削減・製品の低カロリー化を実現した処方例を展示する。

Sigma-DはPureCircleのグローバル研究開発チームによって開発された乳製品に適した最新製品で、砂糖により近い味を実現した。後味がすっきりとしたクリーンな甘さが特色で、Sigma-Dを使うことで砂糖の使用量を80%若しくは100%削減することも可能。

PureCircle Stevia 3.0(TM)の革新的な技術、最新製品は、物産フードサイエンス(PureCircleの日本の総代理店)のブース(西2ホールのDE002)にて展示されている。

▽ステビアについて
高純度のステビア抽出物は、食品・飲料業界において、新時代の天然甘味料として高く評価されている。ステビアの葉から採れるステビア抽出物はカロリーゼロであり、虫歯や糖尿病とも無縁である。ステビアの原産地は南米パラグアイにて、南米の先住民は甘味を求めてステビアの葉を噛んでいた。今では世界の4大陸で栽培されており、食べ物や飲み物を甘くするために、この小さな植物の葉が世界中で何百年にも亘って使われてきている。食品・飲料に使われるステビア抽出物の甘味は、技術の進歩によって、今では大きく改善されてきている。

▽PureCircleについて
PureCircleは、食品・飲料業界向け高純度ステビア製品の世界No.1メーカーである。
同社によってステビアの知名度はより高まり、ステビアに対する世間の評価が変わってきている。同社は、食品・飲料向けに天然甘味料を供給することを通じて、世界の人々をより健康にすることをその使命とし、天然甘味料であるステビアの消費量を世界中で拡大させることをそのビジョンとしている。
PureCircle Limitedは2007年に設立。世界各地に事務所を開設しており、ロンドン証券取引所(LSE)AIM市場に上場している(略称「PURE」)。詳しい情報はwww.purecircle.com にて。

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。