logo

Ruby 2.0(その1)

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Ruby 2.0(その1)」を公開しました。

###

jp.rubyist.net

Ruby 2.0がRuby生誕20周年にあたる2013年2月24日にリリースされました。Ruby 2.0ではどのような機能が追加されたか、美学の観点で見ていきたいと思います。

主な変更点は、以下のURLを確認してください。

リンク

この連載で注目すべきは、Enumerable#lazyではないかと考えています。「無限の遅延ストリーム」とリリース情報には記載されています。 Enumerable#lazyとは何か少し見ていきたいと思います。配列を扱う部分でmapメソッドやselectメソッドなどを説明させていただきま したが、lazyはこれらと組み合わせて利用することができます。正確には、配列ではなく、Enumerable(列挙型)での処理となります。

例題として、1から100までの3倍数を列挙するプログラムを作成したいと思います。ただし、表示するのは最初の5つまでとします。

リスト1

require ‘pp’
pp (1..100).select{|num| print num.to_s+” “;num % 3 == 0}.first(5)

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。