logo

株式会社Oneteam、シードラウンドでサイバーエージェント・ベンチャーズより資金調達を実施、採用強化により商品開発を加速

株式会社Oneteam 2015年05月15日 09時57分
From PR TIMES



[画像: リンク ]



株式会社Oneteam (本社:東京都中央区、代表取締役:佐々木 陽) は、シードラウンドにおいて、株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ (本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田島 聡一) を引受先として、第三者割当増資を実施いたしました。

今回の資金調達で、日本および東南アジア諸国をターゲットにしたスマートフォンを中心とする恊働型※コミュニケーションプラットフォーム「Oneteam」のサービス開発を加速させるため、中核となるエンジニア採用及びマーケティング強化を予定しています。
※立場や国籍が異なる人々が、心を合わせ一つの目的に向かうという意味を込めて「恊働」という言葉を用いています。


日本および東南アジア諸国における働き方に対する課題感と解決に向けて
日本の企業においては、グローバル化の推進、地域人材の活用など、異なる場所で働くチームの生産性を向上することが経営課題となっており、同一の場所で働くことを前提とした、PCを中心とした従来のコミュニケーションの仕組みを見直すことが必要となっています。
また、急速な成長を続ける東南アジアの企業では従業員の入退社の頻度が高く、イントラネットの未導入、フリーメールアドレスの利用など、従業員の業務環境は整備できておりません。入社した従業員の戦力化までの時間短縮や、定着率向上は、多くの企業で経営課題となっています。
2015年はASEAN経済共同体(AEC)発足の年であり、複数国で事業展開を加速する企業が増加すると予想されます。
これらを踏まえ、「Oneteam」は日本および東南アジア企業の業務環境を整備し、生産性向上を支援すべく、スマートフォンを起点とした恊働型コミュニケーションプラットフォームを提供いたします。


恊働型コミュニケーションプラットフォーム「Oneteam」について
「Oneteam」は、「手のひらにチームを持ち歩く」をコンセプトに、同じ課題を持つチーム(営利企業に留まらず、NGOやNPO等の非営利団体を含むチーム)が、時間や場所を問わず、プロジェクト推進や課題解決ができる仕組みです。主要機能として、従業員間の相互理解を高めるための自己紹介機能、従業員間の恊働を支援するコミュニケーション機能を提供します。


今後の計画について
2015年夏の本リリースに先駆け、2015年6月上旬より、一部機能についてβ版での提供を開始いたします。なお、初年度(2015年12月期)は100社10,000アカウントの導入を目標としています。


株式会社Oneteamについて
「組織をなめらかにし、個人と組織の成長を支援する」をミッションに掲げ、リクルートで日本及び東南アジア地域で事業開発責任者を務めた佐々木 陽をはじめ、日本を代表するインターネット関連企業で活躍したメンバーを中心に設立されたスタートアップです。日本および東南アジア諸国を中心に、恊働型コミュニケーションプラットフォーム「Oneteam」を展開いたします。


会社概要
会社名 株式会社Oneteam (Oneteam Inc.)
代表者 代表取締役 佐々木 陽
設立  2015年2月3日
所在地 東京都中央区築地二丁目8番1号
URL  リンク

本件に関するお問い合わせ
広報担当
Email info@oneteam.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。