logo

世界累計3200万DL、ヘルスケアアプリの Noom、患者の再入院予防プログラムを提供開始。日本て゛も臨床実験パートナー募集へ

Noom Inc, 2015年05月13日 11時59分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]



モバイルでヘルスケアソリューションを提供するテクノロジー会社 Noom Inc. (本社:米 ニューヨーク、代表:セジュ・ジョン、以下「Noom」)はこの度、心不全を患った患者向けの、再入院予防プログラムの提供を開始したことを発表いたします。
[画像2: リンク ]

今回新しく発表する心不全患者向けプログラムは、心臓発作を起こした患者の再入院を予防するというニーズに応えるために設計されました。
Noom の顧問を務め、アメリカ心臓病学会、国立心臓研究所研究員て゛もあるキット・M ファー医学博士は、
「患者一人ひとりのライフスタイルにあわせたプログラムを提供することて゛、ガイドラインに基つ゛いて最適な治療を提供て゛きる可能性を最大限に高めることか゛て゛きます。治療やコンプライアンス(服薬管理なと゛)に起こりうる心理的・社会的障害を認識し、対処するための最適な立場を、Noom のプラットフォームは作りた゛しています。
心不全 から完全に解放されるというのは不可能に近いことて゛、一生向き合っていかねは゛ならない病気た゛からこそ 、患者か゛良好な生活を送っていけるためのツールや環境を Noom は提供してい るのて゛す」と述へ゛ています。
また、Noom のCEOて゛あるセジュ・ジョンは、「ファー博士のような専門家の方々の支援を受け、心不全という重要な課題に対して、患者の再入院予防に 関わる取り組みをて゛きたことは、Noom にとって大きな飛躍て゛ある」と述へ゛ています。

今回の30日間の心不全患者向けプログラムは、病気に対する正しい知識の提供、食事と運動といった生活習慣記録、臨床医との診療予約や服薬管理機といった様々な面から予防をサポートしています。また Noom の管理システムを使うことて゛、医療従事者(ヘルスケア供給者)は退院後も患者をリアルタイムて゛モニタリングし、コミュニケーションをはかることか゛可能て゛す。プログラムを通し゛、患者の服薬アドヒアレンス*、臨床医との継続的な関わり、生活習慣の自己コントロールか゛て゛きるよう、最適なサホ゜ートを提供します。
患者か゛再ひ゛病院に戻ることか゛ないような習慣を患者の生活に組み込むこと、それか゛Noom Healthの目指すところて゛す。Noomは、日本国内て゛もB2B 向けフ゜ロク゛ラム「Noom Health」のリリー スを近日予定しており、現在臨床実験ハ゜ートナーを募集しています。

Noom は今後も、「テクノロシ゛ーて゛人々の生活をより健康的なものになるよサホ゜ートする」 というミッションのもと、今後日本て゛も企業や医療機関とも連携を強化してまいります。

*服薬アト゛ヒアレンスとは、患者か゛自分の病気を受け入れ、主治医を信頼し、薬を理解して飲んて゛いる状態を意味します。

■Noom Inc.について(リンク)
Noom(ヌーム)は、ニューヨークに本社、韓国、ト゛イツ、東京に拠点を置くモハ゛イルヘル スケア分野をリート゛するテクノロシ゛ー会社て゛す。Google 出身のエンシ゛ニア、アーテ ム・へ゜ タコフ゛(Artem Petakov)と、19歳という若さて゛韓国て゛の起業に成功した後、 2005年に渡米 した、セシ゛ュ・シ゛ョン(Saeju Jeong)か゛2008年に設立しました。主力ア フ゜リとして「Noom コーチ」と「Noomウォーク」を提供しています。 Noomのテクノロシ゛ーは、医療業界から高い評価を受けており、NIH(米国国立衛生研究所) から支援を受け、摂食障害治療向けのアフ゜「Noom Monitor(ヌームモニター)」を開発、 ニューヨーク市内の病院に導入されています。また、「Noom Health (ヌームヘルス)」は、米国の糖尿病予防認定フ゜ロク゛ラムにおいて、 モハ゛イルアフ゜リとして初めて準認定を受けています。

■Android版/iPhone版「Noomコーチ」 概要
アフ゜リ名称: Noomコーチ
提供開始日: 2013年8月26日(Google Playにて) / 2014年1月6日(App Storeにて) iPhone版: リンク Android版: リンク 「Noomコーチ」アフ゜リは無料て゛す。一部の機能をPro版として、有料て゛こ゛利用て゛きます。
Pro版 利用料(税込): 月額1,200円、3ヶ月フ゜ラン2,000円、12ヶ月フ゜ラン5,000円

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。