logo

AWS認定プレミアコンサルティングパートナーのcloudpackとWebセキュリティのスペシャリスト企業であるセキュアスカイ・テクノロジーがパートナー契約を締結

アイレット株式会社 2015年05月12日 11時00分
From PR TIMES

クラウド上のWebアプリケーションにおける脆弱性診断サービスを cloudpackのオプションサービスとして提供開始

cloudpack(運営:アイレット株式会社、本社:東京都港区、代表取締役:齋藤 将平)と株式会社セキュアスカイ・テクノロジー(本社:東京都千代田区、代表取締役:乗口 雅充)は、5月12日(火)よりパートナー契約を締結したことを発表いたします。また、セキュアスカイ・テクノロジー社にて提供している脆弱性診断サービスである「Webアプリケーション診断」を、cloudpackのオプションサービスとして5月12日(火)より提供開始いたします。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



■cloudpackはオプションサービスとして脆弱性診断サービスを提供いたします。
 cloudpackは、年間500サイト以上の脆弱性診断を行っているセキュリティエキスパート企業である株式会社セキュアスカイ・テクノロジーとパートナー契約を締結いたしました。これにより、セキュアスカイ・テクノロジー社の「Webアプリケーション診断」をcloudpackのオプションサービス「脆弱性診断サービス」として提供することとなりました。クラウド上のサイトにおけるセキュリティ事故の危険性を事前に調査することができます。

■cloudpackの「脆弱性診断サービス」とは
 脆弱性診断を行いたい場合、従来はそうしたサービスを提供している企業を探す必要がありましたが、今回のパートナー契約締結により、cloudpackにご連絡いただくことでオプションサービスとして診断を受けることが可能となります。

  「脆弱性診断サービス」では、Webサイトに潜むセキュリティ上の問題点を攻撃者の立場で診断し、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティング(XSS)などに対する脆弱性を検出します。Webアプリケーションのセキュリティ問題に精通する技術者がWebサイトの問題点を診断することにより、情報漏洩などのセキュリティ事故発生を防止することができます。
URL:リンク

 cloudpackはユーザー企業のクラウド導入における課題解決のプロフェッショナル企業として、またセキュアスカイ・テクノロジーはセキュリティエキスパート企業として、それぞれの強みを組み合わせることで、サービスの更なる品質向上に取り組んでまいります。

■サービス概要
・サービス名:脆弱性診断サービス
・申込方法:お電話またはお問い合わせフォーム、メールにてcloudpackへお問い合わせください。
・提供開始日:5月12日(火)
・サービス内容:
[画像3: リンク ]

※危険度は「High」「Medium」「Low」の3段階で評価しており、検出された脆弱性ごとに「High」もしくは「Medium」の場合、再診断の対象となります。

・価格:
[画像4: リンク ]

※表示料金は税抜き価格になります。
※上記料金はセキュアスカイ・テクノロジー社からリモートで診断を行う場合となります。オンサイトでの診断につきましては別途ご相談ください。
※脆弱性診断では、HTTP/HTTPSリクエスト数でカウントいたします。
※再診断は、危険度Medium以上の脆弱性が対象で、1案件につき1回を無償で提供いたします。ただし、オンサイト診断の場合は別途御見積りとなります。


■診断後の報告まで詳細にレポート
[画像5: リンク ]



診断を実施する場合、事前に診断対象となるサイトを選択した上で、脆弱性診断を実施いたします。重大な脆弱性が発見された場合には、緊急報告書(速報)をお送りし、診断終了後には、発見された問題点、評価、具体的な対策をまとめた報告書を作成いたします(右図)。また、ご希望に応じて診断報告会を実施することも可能です。


■サービスイメージ図

[画像6: リンク ]



【cloudpackについて】
cloudpackは、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)やAmazon Simple Storage Service(Amazon S3)をはじめとするアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)の各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。2013年6月4日には、AWSパートナーネットワーク(APN)(※1)において、日本初のAPNプレミア コンサルティングパートナーの一社として認定されたのをはじめ、その後3年連続で認定されています(※2)。

運営会名: アイレット株式会社 リンク
所在地:  東京都港区虎ノ門1丁目23-1虎ノ門ヒルズ森タワー7階
資本金:  7,000万円
事業内容: クラウド導入事業、Androidアプリ開発事業、システム開発、システム運用・保守事業、
      サーバーハウジング・ホスティング事業


【株式会社セキュアスカイ・テクノロジーについて】
2006年創業以来、Webアプリケーションに特化したWebセキュリティ専門企業として、年間500サイト以上の実績をもつ脆弱性診断をはじめ、セキュリティ教育、セキュア開発ガイドライン策定支援サービス、クラウド型(SaaS型)WAFサービス「Scutum(スキュータム)」と事業を拡大。Webアプリケーションの設計・実装・運用の各フェーズにあわせたサービスを提供しています。導入実績900サイトを超える、クラウド型WAFサービス「Scutum」は、国内のSaaS型WAF市場におけるシェア1位(※3)を4年連続して獲得しています。

会社名:    株式会社セキュアスカイ・テクノロジー  リンク
所在地:    東京都千代田区神田司町2-8-1 PMO神田司町2F
設立:     2006年3月
事業内容:   Webアプリケーションのセキュリティ診断、セキュリティ教育、クラウド型WAFサービス、
        コンサルティング

※1 AWS パートナーネットワーク(APN)とは、AWSのエコシステムを支える重要な独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーやシステムインテグレーター(SI)、戦略コンサルタント、リセラー、代理店、VARによって構成されております。現在、AWS活用を支援する国内外のパートナーは世界で10,000社以上となっております。(2014年11月現在)

※2 日本初の3年連続での認定は日本企業ではcloudpackと野村総合研究所のみとなります。

※3 株式会社アイ・ティ・アール刊 『ITR Market View:ゲートウェイ・セキュリティ市場2014』
ミック経済研究所刊 『情報セキュリティマネージド型・SaaS型サービス市場の現状と展望 2012』
ミック経済研究所刊 『情報セキュリティマネージド型・SaaS型サービス市場の現状と展望 2014』

※Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS、およびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※cloudpack、クラウドパックの名称は、アイレット株式会社の登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。