logo

F5ネットワークス、数千のアプリケーションに対応する 軽量かつ高コスト効率のソフトウェアソリューション「F5 LineRate Point」を提供

F5ネットワークス株式会社 2015年05月12日 11時00分
From PR TIMES

F5ネットワークスジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:古舘正清、以下F5)は本日、ソフトウェアデファインド・データセンター(SDDC)に対応した軽量かつコスト効率に優れたソフトウェアソリューション、「F5 LineRate Point Load Balancer」(以下、F5 LineRate Point)を発表しました。

F5 LineRate Pointは、企業におけるIT支出が、インフラ担当者から、ビジネスユニットおよびアプリケーション開発オーナーに移行しているというIT市場における新たな変化に対応したものであり、Software Defined Data Center (SDDC)環境の構築を検討するクラウドサービス事業者やエンタープライズのお客様にとって、迅速に負荷分散機能を導入できるスケーラビリティの極めて高いソリューションとなります。

ビジネスユニットおよびアプリケーション開発オーナーは、数千のアプリケーションを開発・運用するにあたり、アプリケーション展開のシンプルさ、およびスピードを重視しており、軽量な負荷分散機能を求めています。今回提供するF5 LineRate Pointは、スケーラビリティの高いサービスを(APIを通じて)迅速にプロビジョニングし、シンプルなロードバランスサービスをアプリケーションごとに提供することが可能となります。

また、JavaScript技術を採用した「Node.js」に対応した「LineRate Precision Load Balancer」も同時に提供を開始します。

効率を最大化する軽量なアーキテクチャと使いやすさ
LineRate Point の軽量アーキテクチャは、クラウド、ハイブリッドおよびエンタープライズデータセンター環境でのコンピューティング、メモリさらにはストレージリソースの負荷を大幅に低減するので、シンプルな負荷分散機能、アプリケーション・プロキシ、高可用性、SSL機能が必要な場合に、理想的なソリューションとなります。このように、負荷分散と関連サービスへのシンプルなアプローチを取ることで、F5のソリューションは、継続的な統合やデリバリーといったDevOpsベースのワークフローに容易に統合が可能です。

簡素化された管理を実現する、サービス・オーケストレーションの統合
F5のBIG-IQ管理ソリューションがサポートするボリューム・ライセンス・サブスクリプションにより、複数のアプリケーション間、またはアプリケーション単位でのサービスのオーケストレーションを容易に実現できます。リソースとサービスのプロビジョニング方法を構成し自動化する機能では、急速に普及しているDevOpsのアプローチを用いて、アプリケーション・チームと運用チームに対し、拡大するアプリケーション群をオンデマンドで運用管理するために必要なツールを提供します。

F5ネットワークスについて
F5は、アプリケーションが、データセンター、クラウドサービス、従来型ネットワーク、SDNなど、あらゆるIT環境において、いつでも、どこからでも利用可能となる柔軟なソリューションを提供しています。F5のオープンで拡張性の高いフレームワークは、幅広いパートナーエコシステムとの協業を通じ、ITの適用範囲を広げ、最適なIT基盤の構築を可能にしています。また、F5のソリューションは、国内外のリーディング企業、サービスプロバイダー、公共機関のIT分野で広く採用され、最先端のクラウド、セキュリティ、モビリティ環境の実現に貢献しています。F5についてより詳しく知りたい方はリンクをご覧ください。また、ツイッターにて@F5Japanのアカウントから最新情報を発信しておりますので、是非フォローください。

当リリースに関するお問い合わせ
F5 ネットワークスジャパン株式会社
担当: 小保方 順子
TEL: 03-5114-3640
メール:y.obokata@f5.com

製品に関するお問い合わせ
F5ネットワークスジャパン株式会社
TEL:03-5114-3230
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。