logo

ライフログアプリケーション「SilentLog(サイレントログ)」を 運営するレイ・フロンティアが、ICJファンド、アドウェイズより資金調達を実施

ライフログアプリケーション「SilentLog」を運営するレイ・フロンティア株式会社が、ICJファンド、アドウェイズより資金調達を実施。Apple Watch対応を含めたアプリ開発、調達資金によりサービス開発強化と行動情報を利用した機械学習の研究開発を行います。



[画像1: リンク ]



レイ・フロンティア株式会社(所在地:東京都台東区、代表取締役:田村建士/大柿徹)、は、2015年4月に第三者割当による資金調達を完了致しました。

引受先は以下の2社です。

・ICJ1号ファンド投資事業有限責任組合(東京都千代田区 代表:服部結花)
・株式会社アドウェイズ(東京都新宿区、代表取締役社長CEO:岡村陽久)

レイ・フロンティアが運営する、iPhone向けライフログアプリケーションの「SilentLog」は、2014年10月リリースより各種メディアに取り上げていただき順調に成長しております。

今回調達した資金は、Apple Watch対応を含めたアプリケーションの開発・運営の強化、また企業さまとの連携により、行動情報を利用する機械学習アルゴリズム開発強化に充当する予定です。

■今後の展開について
レイ・フロンティアは、AR(拡張現実)アプリを展開しており、位置情報、センサー認識技術を高めてきました。「SilentLog」は現在まで培った技術を再結集したアプリケーションとなっています。

昨今、スマートフォンの普及やウェアラブルデバイスの登場により、デジタル環境が急激に変化しております。そのことで活動情報がデジタルデータとして保管可能となっています。レイ・フロンティアでは「仮想と現実とつなぐ世界一のサービスをつくる」という理念のもと、サービスのさらなる普及と、独自のアルゴリズムでの行動情報を含んだ活動データ分析を行ってまいります。それにより、単純な集計では捉えることができないニーズを発見するだけでなく「未来予測」を実現させていきます。

■SilentLog(サイレントログ)とは

[画像2: リンク ]

アプリをインストールして、スマホを持ち歩くだけで一日の思い出を自動でまとめられる、シンプルなアプリです。一日の活動(滞在、徒歩、交通機関)と、その日撮影した写真と共に日常を振り返ることができます。

行動情報と写真がひも付きながら蓄積されていき、日記を継続する煩わしさなしで、日記を振り返る楽しさを体験することができます。2015年5月現在、このアプリのユーザーの約50%は40歳以上の方々が占めており、「現代の万歩計」として、様々な楽しまれ方をしています

・公式ウェブサイト
リンク
・プレスキット
リンク
・App Store
リンク
・Apple Watch App Store
リンク
■レイ・フロンティア株式会社 会社概要
会社名 : レイ・フロンティア株式会社( リンク
住所  : 〒110-0016 東京都台東区台東2-7-4 桜田ビル501
(最寄り駅:JR線/秋葉原駅、銀座線/末広町駅)
役員  :
・代表取締役 CEO / 田村 建士
・代表取締役 CTO , Founder / 大柿 徹
・取締役 CCO / 澤田 典宏

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。