logo

FIDO U2F準拠 セキュリティキー「ePass FIDO(イーパス ファイド)」 Amazon 飛天ジャパンストアーにて販売開始

飛天ジャパン株式会社「代表取締役:李 戦海(リー センカイ)」は、2015年5月13日(水)より「ePass FIDO」の販売を「Amazon飛天ジャパンストアー」にて開始いたします。本製品はFIDOで規格化された「U2F」に準拠した、小型で携帯性に優れたUSBセキュリティキーです。


USBトークン・ドングルやワンタイムパスワード(OTP)トークン等のセキュリティデバイスを提供している飛天ジャパン株式会社「本社:東京都中央区、代表取締役:李 戦海(リー センカイ)」は2015年5月13日(水)より「ePass FIDO」の販売を開始いたします。
(Amazon飛天ジャパンストアーにて販売いたします。)

本製品はオンライン認証プロトコルのグローバル標準化を目指す「FIDO(Fast IDentity Online)Alliance」で規格化された「U2F(Universal Second Factor):現在の二要素認証技術を進化させた方式」に準拠した、小型で携帯性に優れたUSBセキュリティキーです。

◆リリース製品概要◆
【製品名】
ePass FIDO U2F準拠 セキュリティキー

【飛天ジャパン製品紹介URL】
リンク

【Amazon販売サイトURL】
リンク

◆FIDO(ファイド)について◆
FIDOとは、オープンで新たな認証方法を開発し、オンライン認証の標準を確立しようと2012年7月に発足した”FIDO Alliance”と呼ばれる非営利組団体が発表した次世代認証標準規格です。
本団体にはGoogle、PayPal、Lenovo、Microsoft等に加え主要カード会社、ネットワーク各社、金融機関、デバイスメーカー等がメンバーとして参加しており、僅か3年弱で加盟企業は増え続け、2015年2月時点で160社を超え、更に増え続けています。

Microsoftは「Windows 10」で「FIDO認証技術」をサポートすると発表しております。
「ePass FIDO」は今後、益々の拡大が期待される「FIDO U2F」に準拠したサービス等のセキュリティキーとしてご利用いただけます。

◆FIDO 認証方式について◆
 FIDO を実現する認証方式には以下、2方式がございます。
1.「UAF(Universal Authentication Framework)」
  FIDO対応のデバイスを用いて、パスワードを使わずに行う認証方式です。

2.「U2F(Universal Second Factor)」
  現在の二要素認証の技術を進化させ、二要素目のデバイス(セキュリティキー)から
  公開鍵と秘密鍵のペアを生成し、その公開鍵を事前にサーバに登録する認証方式です。
  従来の電子証明書が不要となるため証明書の管理等、コストの削減を実現します。
  【「ePass FIDO」はU2Fに準拠した製品となります。】
 
◆飛天ジャパン株式会社について◆
飛天ジャパン株式会社は、中国発セキュリティベンダー「Feitian Technologies」社の日本総代理店です。
Feitian Technologiesの認証セキュリティデバイスは中国国内で4大メガバンクを含む、180以上の金融機関でオンラインバンキングを行う際の認証デバイスとしてご採用いただいております。
飛天ジャパンはUSBトークン、ワンタイムパスワード等のセュリティデバイスやセキュリティソリューションを高度なセキュリティが要求される「金融機関」「官公庁」「大手企業」等に幅広くご提供しており、日本国内で500社以上のお取引実績がございます。
今後とも優れたコストパフォーマンス・迅速な技術サポートで数多くのお客様のニーズ
にお応えし、世界トップクラスのセキュリティメーカーを目指して参ります。

【本件に関するお問い合わせ先】
飛天ジャパン株式会社
 営業部
TEL:03-3668-6668
Email:sales@ftsafe.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。