logo

超高齢社会でニーズ急上昇中の「介護・シニア向け」サポート資格を徹底解説!

株式会社キャリアカレッジジャパン 2015年05月02日 10時30分
From PR TIMES

-あなたにぴったりの介護・シニア向け資格を特設サイトで紹介!-

通信教育事業を展開する株式会社キャリアカレッジジャパン(本社:広島県広島市、代表取締役:横田 正隆)は、介護・シニア向けサポート資格を紹介する特設サイトをオープンしました。



────────────────────
【特設サイト】
リンク
────────────────────

[画像1: リンク ]



超高齢社会を向かえる中で、年々、介護・シニア向けサポートの資格の注目は高まっています。「終活」や「身上監護」など、新しい資格も増えている中で、資格ニーズが高まる理由と注目度の高い資格を本サイトでご紹介します。

────────────────────
【資格ニーズが高まる理由1】
2055年には人口の40%が高齢者
介護業界は間違いなく成長産業!
────────────────────
65歳以上の人口が総人口の何割を占めているかによって、高齢化社会は3種類に分類されていますが、日本はその中でも最も高齢者人口率の高い超高齢社会(高齢化率21%以上)に認定されています。厚生労働省の調査でも、2055年には高齢化率が約40%にまで増加すると推測されています。つまり、介護・福祉業界は、今後も継続的に成長が望める分野であり、サポートスキルを持った人材は安定して働くことができると言えます。

────────────────────
【資格ニーズが高まる理由2】
2025年には約2倍の人材が必要!
サポートスキルを持った人材が急務!
────────────────────
現在、日本の介護職員は約100万人以上いますが、このまま高齢者の数が増えていくと、2025年には約250万人以上の介護職員が必要とされています。つまり、超高齢社会では、介護職員や高齢者関連の資格を持った人材は、引く手あまたと言えます。

────────────────────
【資格ニーズが高まる理由3】
労働者人口は減少予測!
質の高い人材こそもっとも優遇される!
────────────────────
上昇する高齢化率とは反対に、厚生労働省の調査では、労働人口は減少が予測されています。労働力の確保が困難となっていく中で、限られた労働力の中から、高齢者のニーズに的確に対応できる「質の高さ」こそが、福祉・介護業界でもっとも優遇されます。だから、スキルを持った即戦力であることを証明する資格取得こそがポイントと言えます。

[画像2: リンク ]



────────────────────
あなたにピッタリな
介護・シニア向けサポート資格はコレ!
────────────────────
「介護・福祉系の資格を探している!」「介護やシニア向けサポート資格ってたくさんあるけど何がいいの?」と悩んでいる人は、本サイトの「日常生活を支える資格」「食事で支える資格」「事務仕事で支える資格」などの豊富なカテゴリの中から、あなたに合わせたピッタリの資格をお探しください。
[画像3: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。